ウイスキー初心者の方にはアイリッシュ・ウイスキーはあまり聞き慣れない言葉かもしれません。しかし歴史は古くスコッチ以上と言われています。

今回は世界5大ウイスキーの1つであるアイリッシュウイスキーの定義や特徴をえのき先生に解説して貰いましょう。

アイリッシュウイスキーの定義

アイリッシュウイスキーは北アイルランドとアイルランド共和国で造られるウイスキーなんじゃがスコッチ同様に法定義がされているんじゃ
えのき先生
えのき先生
  • 原料は穀物類
  • 麦芽に含まれる酵素で糖化させる
  • 酵母の働きで発酵させる
  • アルコール度数94.8%以下で蒸留
  • 700リットルを超えない木製樽を使用
  • アイルランド、または北アイルランドの倉庫で3年以上熟成

スコッチと非常に似ているのには理由があり、英連邦の統治時代のスピッツ法が定義に関係しているからなのです。

わかば
わかば
本当ですね。少し違うところもありますがよく似ていますね。
それにしても北アイルランドは英国に属しているのでは?
そうなんじゃ。しかしアイルランドで造られるウイスキーはアイリッシュウイスキーに分類されるんじゃよ
えのき先生
えのき先生
ちーたくん
ちーたくん
なんだか難しいにゃ
そう難しく考えなくてもよい。単純にアイルランド産の法定義をクリアしたウイスキーはアイリッシュウイスキーと覚えるだけでいいんじゃ。
えのき先生
えのき先生

アイリッシュウイスキーの種類

アイリッシュウイスキーを分類すると、ポットスチルアイリッシュウイスキー、モルトアイリッシュウイスキー、グレーンアイリッシュウイスキー、ブレンデッドアイリッシュウイスキーに分けられます。

ここではこの種類の1つ1つの特徴を解説します。

ポットスチルアイリッシュウイスキーの特徴

ポットスチルとは単式蒸留器の事で、このポットスチルを使って3回蒸留を行うのですが、ここで使われる原料が大麦麦芽・未発芽の大麦・ライ麦・小麦等を混合したものであるため糖化に時間がかかります。

しかしこの時間がかかるおかげでオイリーで穀物の味わいを強く持つ特徴を持っています。

モルトアイリッシュウイスキーの特徴

モルトウイスキーなので原料は大麦麦芽100%です。スコッチ同様に単一の蒸留所ならシングルモルトアイリッシュウイスキー。

蒸留回数は蒸留所によって違いがあり、ブッシュミルズは3回蒸留を行っています。

グレーンアイリッシュウイスキーの特徴

こちらもスコッチ同様に原料にトウモロコシ、大麦、小麦を使い造られたウイスキーです。連続式蒸留機での蒸留が主ですが、ポットスチルを使ったものもあります。

ブレンデッドアイリッシュウイスキーの特徴

ブレンデッドアイリッシュウイスキーの歴史は比較的浅く、モルトウイスキーとグレーンウイスキーをブレンドさせ始めたのは1970年代以降です。

ブレンデッドアイリッシュウイスキーは

  • ポットスチルウイスキー+モルトウイスキー
  • モルトウイスキー+グレーンウイスキー
  • ポットスチルウイスキー+グレーンウイスキー
  • ポットスチル+モルト+グレーン

このように組み合わせが多彩で全てブレンデッドアイリッシュウイスキーに分類されます。

ポットスチルで2~3回蒸留させることで、酒質は軽めで熟成期間も短いのが特徴なんじゃ。
えのき先生
えのき先生
わかば
わかば
モルト・グレーン・ブレンデッドはスコッチと覚え方は同じですね。
ちーたくん
ちーたくん
ポットスチルウイスキーをしっかりと覚えたいにゃ
ポットスチルに関してはまた別記事でしっかりと紹介することにするわい
えのき先生
えのき先生

アイリッシュ蒸留所の躍進

アイリッシュウイスキーがまた人気が出てきた理由の一つに蒸留所の数が劇的に増えてきているという事があげられます。

その数なんと20近い蒸留所が誕生したそうで、特に覚えておきたい蒸留所はクーリー、ブッシュミルズ、キルベガン、グレートノーザン、ティーリングウイスキー、タラモア、ミドルトン、スレーン、ウォルシュウイスキー、ウォーターフォード、ウエストコーク。

各蒸留所によっても特徴があるのですが、まずは蒸留所の名前だけでも覚えておきましょう。

ミドルトンは新ミドルトンと呼ばれ、旧ミドルトンは現在博物館になっておるんじゃ。そこには世界最大のポットスチルが展示されているんじゃよ
えのき先生
えのき先生
わかば
わかば
すごーい!見てみたいです!
ちーたくん
ちーたくん
先生連れてって 連れてってくれにゃ
わしも一度は見てみたいものじゃ。
えのき先生
えのき先生

まとめ

冒頭でウイスキー初心者の方にはあまり馴染みがないかもしれないと書きましたが、ブッシュミルズやタラモア、ジェムソンといった有名なウイスキーも多いです。

わかば
わかば
スコッチとの飲み比べもいいかも!
ポットスチルウイスキーがやはりおすすめじゃ、ただモルトウイスキーでもノンピートなので香りもスコッチとは全然違った物になるから、飲み比べると面白いんじゃよ
えのき先生
えのき先生

こちらも読まれています

ウイスキー 商品一覧はこちら