アメリカンウイスキーはバーボンが非常に有名で、多くの方が一度は耳にしたことがあると思います。今回はこのバーボンをメインにアメリカンウイスキーの定義から種類についてえのき先生に解説して貰います。

アメリカンウイスキーの定義

アメリカンウイスキーはアメリカで造られたウイスキーの総称なんじゃが、もちろん定義が存在するんじゃ
えのき先生
えのき先生
  • 原料は穀物を使用
  • アルコール度数は95%以下で蒸留
  • オーク樽で熟成(コーンウイスキーは必要ない)
  • ボトリング時には度数40%以下

ちなみに上の定義はアメリカンウイスキーの全体的な定義でさらにバーボンといった分類上でも定義が存在します。

わかば
わかば
スコッチやアイリッシュに比べ定義がゆるい気がしたのですが、さらに種類によっての定義があるんですね。
そうなんじゃ。ここから更に分類の解説をしながらそれぞれの定義についても解説していこう。
えのき先生
えのき先生

アメリカンウイスキーの種類

アメリカンウイスキーは大きく分類するとバーボンウイスキー、ライウイスキー、ホイートウイスキー、モルトウイスキー、ライモルトウイスキー、コーンウイスキー、ブレンデッドウイスキーに分けられます。
それぞれ規定が設けられているので、規定を解説しつつ特徴をご紹介します。

バーボンウイスキーの特徴

アメリカンウイスキーで一番有名なバーボンの規定をまずはご紹介するとバーボンは『原料の51%以上がトウモロコシ』と規定されています。さらに蒸留・熟成方法の規定として

  • アルコール度数80%以下で蒸留
  • 内側を焦がしたオークの新樽を使用
  • 度数62.5%以下で樽詰めし熟成

これに加え2年以上熟成させたものが『ストレートバーボンウイスキー』。
ちなみに上のリストは他の種類にも当てはまる内容になっています。

原料は51%以上のトウモロコシ・ライ麦・大麦麦芽を混合するんじゃが、その比率の違いで風味が変わってくるんじゃ。
えのき先生
えのき先生

ライ麦が多いとスパイシーでドライかつオイリーな香りが感じられ、ライ麦の代わりに小麦を使えばマイルドでソフトな舌触りになります。

バーボンの中には更に2つの州のバーボンがあるんじゃ。それは下で解説します。
えのき先生
えのき先生

ライウイスキーの特徴

ライウイスキーの規定は『原料の51%以上がライ麦を使用』するという点で、2年以上熟成させると『ストレートライウイスキー』となります。

蒸留・熟成の方法はバーボンと同じですね。

ホイートウイスキーの特徴

ホイートウイスキーは『原料の51%以上が小麦を使用』したもので、蒸留・熟成の方法はバーボンと同じです。

モルトウイスキーの特徴

モルトウイスキーは『原料の51%以上がモルト(大麦麦芽)を使用』したもので、蒸留・熟成の方法はバーボンと同じです。

ライモルトウイスキーの特徴

ライモルトウイスキーは『原料の51%以上がライモルト(ライ麦麦芽)を使用』したもので、蒸留・熟成の方法はバーボンと同じです。

コーンウイスキー

コーンウイスキーは若干上記と規定が違ってて、原料は80%以上がトウモロコシを使用します。蒸留時・熟成時のアルコール度数は同じですが、熟成時に使われる樽が若干違っていて『内側を焦がしていないオークの新樽を使用』し2年以上熟成させたもの。

ブレンデッドウイスキーの特徴

アメリカンウイスキーのブレンデッドはバーボン・ライのストレートウイスキーを20%以上含み、それに他のアメリカンウイスキーやスピリッツをブレンドしたものです。

ケンタッキーバーボンとテネシーウイスキー

バーボンは更にケンタッキーバーボンとテネシーウイスキーに分類することが出来ます。それぞれの定義を解説していきます。

ケンタッキーバーボンの定義と銘柄

  • ケンタッキー州で造られ、1年以上熟成されたもの

ケンタッキーバーボンは日本でも有名な銘柄が多く、フォアローゼス・ジムビーム・メーカーズマーク・ワイルドターキーが良く知られています。

テネシーウイスキーの定義と銘柄

  • テネシー州で造られている
  • 蒸留直後にシュガーメイプルの炭で濾過

テネシーウイスキーの銘柄といえば、ジャックダニエルが非常に有名ですね。日本でも見かけたことがある方も多いと思います。

まとめ

ちーたくん
ちーたくん
スーパーなんかでもよく見かける銘柄が多いにゃ。
わかば
わかば
そうだね。
ところで先生、新樽の内側を焦がすアメリカンウイスキーはどのような効果があるんですか?
樽の内側を焦がして熟成させることで甘い香りが出るんじゃ。そうバニラのような香りじゃの。そういう香りもアメリカンウイスキーの大きな特徴なんじゃ。
えのき先生
えのき先生
わかば
わかば
そうなんですね。
先生バーボンの銘柄の中で特に知っておくといいものってありますか?
有名なものだとワイルドターキーの8年・13年は実は日本市場限定なんじゃよ
えのき先生
えのき先生
ちーたくん
ちーたくん
限定という言葉には弱いにゃ
わかば、ちーたくん、アメリカンウイスキーなら、まずはバーボンだけは知っておくんじゃ。
えのき先生
えのき先生

こちらも読まれています

ウイスキー 商品一覧はこちら