タリスカー10年 レビュー

みんな大好きタリスカーと言うことでタリスカー10年を購入しました。まぁ当然私も初めてではないんですが初心に戻ってレビューします。

今回も飲んでみた感想をテイスティングコメントを真似ながら書いてみたいと思います。

タリスカー10年の感想

食中酒としてのハイボールで思い浮かべるのにタリスカー10年のハイボール、通称タリソーを思い浮かべる方は多いのではないでしょうか。

肉料理や海鮮料理共に凄く合いますよね。程よくスモーキーなところがいいんです。

当然ファンも多く宅飲みで常にボトルを常駐させている方も多く、SNSを見てても本当に多くの方に常飲されているのが見て取れますね。

では早速ですがと飲む前に公式のテイスティングノートを参考にしてみましょう。

公式テイスティングノート

では早速タリスカーオンラインというオフィシャルサイトから引用します。

ほのかな海水の塩、生ガキそして柑橘系の甘みを感じさせる、力強いピートのスモーキーな香り。煙るようなスモーキーさと力強いモルトの香味を伴う、豊かなドライフルーツの甘み。温かく、情熱的。のどの奥にペッパーの香りを感じる。食欲をそそる甘みを伴った、広大な、長く温かいペッパーを伴うフィニッシュ。
引用元:タリスカー 10年 | タリスカー オンライン

では実際に飲んでみた感想を書いてみます。

タリスカー10年 ストレート

タリスカー10年 ストレート

香りはスモーキーですね、ピート香もしっかりと感じ取れます。煙とピートの香りの中に甘いフルーティさがありますね。そして香りにもアクセントのようなスパイシーさを感じます。

味わいはスモーキーでピーティなんですが、アイラ南部のモルトに比べると、非常にまろやかな印象です。そして潮っぽさが強く感じられますね。

いっけんトゲトゲしい印象なんですが、飲んでみるとまろやかで飲みやすい。バランスが優れてるんだと思います。

開栓したてでもアルコールの刺激は感じません。まぁ感じたとしてもそれ以外の個性に打ち消されるのかもしれませんね。

タリスカー10年 ハイボール

タリスカー10年 ハイボール

ハイボールはブラックペッパーをかけるハイボールが有名ですが、実は以前に記事にしている(下記にリンク掲載)ので今回は普通にハイボールを飲んでみます。

ハイボールにしてもスモーキーさはしっかりと感じられ、若干のピーティさと潮っぽさで食中に凄くあいます。潮とピートはアイラを代表するモルトもそうなんですが、海鮮系のBBQのような焼いた料理が最高です。

またブラックペッパーをかけて、よりスパイシーにすると焼肉やステーキとの相性も抜群ですよね。

最後に私的総評

タリスカー10年、ストレートでもハイボールでも非常に美味しいんですが、よくアードベッグやラフロイグ、ラガヴーリンを好んで飲んでいる私には若干物足りなさを感じてしまうようになっちゃいました。

ただこれこそがタリスカーの強みではないかと思うのが、まずアイラ島南部のモルトに挑戦する前にタリスカーを飲んでみて、ピーティさを感じても美味しければカリラを経由してキルダルトン3兄弟という流れも考えられます。

また、スモーキーなモルトが好きな方でもアードベッグやラフロイグ、ラガヴーリンなんかはハイボールにするにはちょっと勿体無いという方にタリスカーはちょうどよいかもしれません。

まぁそれでも私はアードベッグ、ラガヴーリン、ラフロイグを買っちゃいますが、まぁ好みの問題なのであしからず。

ウィットリーニール
chivasregal-18

榎商店の各店舗はこちら

酒好きの血が騒ぐ えのき商店amazon店

 

\在庫切れの場合はTwitterや各ショップのメルマガをご登録下さい/