ラフロイグの種類と味やおすすめの飲み方をご紹介

アイラの王として君臨する臭いがクセになるウイスキーとして絶大な人気を誇る『ラフロイグ』。ここではラフロイグの種類やその味、オススメの飲み方からウンチクまでご紹介します。

ラフロイグの歴史と蒸留所

1815年にアイラ島南部ポートエレン港から東に3kmのところにラフロイグ蒸留所は建てられました。ラフロイグとはゲール語で「広い入り江の美しい窪地」の意味。2005年にビーム社が買収しその後2014年に日本のサントリーが買収しています。

麦芽の感想に使われるピートホグは海に近く海藻が混入していて、それがラフロイグの独特なヨード香(薬品臭・正露丸)になっています。麦芽の乾燥にはピート17時間、熱風17時間も要することでスモーキーさが出ています。

熟成に使用される樽はファーストフィルのバーボン樽のみ。チャールズ皇太子愛飲のスコッチとしても有名です。

1950年〜70年代にラフロイグ蒸留所ではベッシー・ウイリアムソンという女性が所長に就任しているんじゃ。
これは長いスコッチの歴史の中でも初めてのことであり、彼女の功績は蒸留所の大規模な改修やフロアモルティングを残した事でもしられている。
えのき先生
えのき先生

ラフロイグの種類と味の特徴

ラフロイグはアイラウイスキーにハマった方の御用達。スモーキーさとヨード香といったクセの中に軽さと甘さがあるんじゃよ。
正露丸とも表現される薬品臭も慣れれば他では物足りなくなるんじゃ。
えのき先生
えのき先生

ラフロイグ10年

ラフロイグ10年

ラフロイグ蒸溜所のスタンダードで、世界的な人気を誇ります。
爽快なピートと磯の香り。味わいはバニラ、クリームの滑らかさ、ややオイリーなコク。海藻を想わせるユニークな心地よい後味。

ヨード香に隠れているがフルーツの甘味が感じられ、ピーティなのに甘くマスカットやマンゴー、そしてナッツのような香ばしさも。

容量700ml・アルコール度数40度

ラフロイグ 10年 700ml シングルモルト ウイスキー 40度

ラフロイグ18年

ラフロイグ 18年

「ラフロイグ18年」は、バーボン樽で育まれた18年以上の長期熟成原酒を使用。非冷却濾過法を採用し”生”の風味が楽しめます。

香りは柔らかな甘さ、かすかにスパイシーで繊細な果実香。海草や潮の香りに、強すぎないバニラにピート。味わいはオーク樽由来の滑らかで華やかな中に温かいスモーキーさ。ピーティでありながら、チョコレートのような柔らかい甘みを含む。フィニッシュには贅沢で滑らかなオイリーさが永く続く。

容量700ml・アルコール度数48度

ラフロイグ 18年 700ml シングルモルト ウイスキー 48度

ラフロイグ ロア

ラフロイグ ロア

ヨーロピアンオーク新樽で熟成後、ファーストフィルのバーボン樽に移し替えて追加熟成した原酒とラフロイグ蒸留所が保有する数種の原酒をヴァッティング。

香りは潮の香りにピート、ビターチョコレート。味わいはバニラ、ナッツ、フレッシュな果実味、クリーミーかつスパイシー。

容量700ml・アルコール度数48度

ラフロイグ ロア 700ml シングルモルト ウイスキー 48度

ラフロイグ クオーターカスク

ラフロイグ クォーターカスク

通常の樽より小さい樽で熟成することで、樽と原酒の接地面が増して熟成が早まるのが特徴。
力強く爽快なスモーキーな香りと柔らかい味わい、フィニッシュは甘さのある余韻、すっきり。

容量700ml・アルコール度数48度

ラフロイグ クォーターカスク 700ml シングルモルト ウイスキー 48度

ラフロイグ トリプルウッド

ラフロイグ トリプルカスク

従来のバーボン樽で熟成後クオータカスクに入れ替えて熟成。さらにヨーロピアンオークのシェリー樽で後熟させたものです。

香りはフルーティなマンゴー、シトラス系のさわやかさ。味わいはピーティさよりもココナッツのようなクリーミィでほのかな甘味。

容量700ml・アルコール度数48度

ラフロイグ トリプルウッド 700ml シングルモルト ウイスキー 48度

ラフロイグ ブローディア

ラフロイグ ブローディア

ヨローパの免税店向けにリリース。
ブローディア ポートウッドは、1年単位で新しいアイテムがリリースされる予定のブローディアシリーズ第2弾。最初にバーボン樽で熟成後、ルビーポート樽で後熟しています。

容量700ml・アルコール度数48度

ラフロイグ ブローディア 700ml シングルモルト ウイスキー 48度

ラフロイグセレクト

ラフロイグ-セレクト

10年のスモーキーさそのままに、厳選(セレクト)された樽種による原酒熟成で開花した甘美さで魅了する「ラフロイグ セレクト」。香りはスモーキー・ココナッツ・バナナ。味わいは重厚なスモーキーさに柔らかな甘み。スモーキーながら甘美な余韻が長くつづく

ペドロヒメネス・シェリー樽、ヨーロピアンオーク・シェリー樽、バーボン樽で熟成したモルトをブレンド(ヴァッティング)後、アメリカンオークの新樽で後熟しました。

容量700ml・アルコール度数40度

ラフロイグ セレクト 700ml シングルモルト ウイスキー 40度

ラフロイグ フォーオーク

ラフロイグ-フォーオーク

フォーオークは、エクストラ・バーボン・バレル、クォーター・カスク、ヴァージン・アメリカン・オーク・バレル、ヨーロピアン・オーク・ホグスヘッドの4つの異なる樽で熟成。
トラベル・リテイル向けにリリースされました。

香りは、ピート・スモーク、暖かい、シチュード・フルーツ、トーストしたバニラ。

味わいは、ビャクダン、松、柳、オークの残り火、海草、なめらかなバター・クリーム。

容量1000ml・アルコール度数40度

ラフロイグ フォーオーク 40度 1000ml KRA

ラフロイグのおすすめの飲み方

ラフロイグ10年・18年・セレクト他いずれの銘柄もラフロイグの個性を思う存分に楽しめるストレートかすっきりと爽快にラフロイグの良さを残しつつ楽しめるラフロイグソーダ(ハイボール)がおすすめです。

ラフロイグのハイボールは非常に人気があるんじゃ。そのスモーキーさが燻製と非常にマッチする。
スモークチーズをひとかじりして、ラフロイグソーダをぐいっと飲めば至福の一時が堪能出来るんじゃよ。
えのき先生
えのき先生

ラフロイグの選び方

ラフロイグの選び方としては、まずは10年を飲んでみましょう。
ラフロイグの特徴が10年でわかり、もっと深く味わいたい方はラフロイグクオーターカスクがおすすめです。

ちょっと余裕のある方には「ラフロイグ18年」や「ラフロイグ トリプルウッド」を試してみて頂きたい。

わしのイチオシはラフロイグクオーターカスクじゃな。
度数も10年よりも若干高めで飲みごたえも抜群。
このソーダ割りは病みつきになる人が続出なんじゃよ。
えのき先生
えのき先生

お酒擬人化プロジェクト「ラフ」

榎商店では「お酒擬人化プロジェクト」として、色々な銘柄の特徴を性格に現してキャラクター化する取り組みを行っています。

そしてラフロイグのイメージキャラクター「ラフ」を発表致しました。ラフロイグの特徴を知りたい方やラフロイグ好きの方は是非ご覧になってみてください。

えのき商店STAFFより

ラフロイグのスモーキーさとヨード香はラフロイグの大きな特徴です。じっさいこれがクセになる人も多いのですが、「やっぱりちょっと無理かも」という方はボウモアを選びましょう。

そして更にアイラモルトを探求したい方は「アードベッグ」や「ラガヴーリン」がおすすめです。

品切れになりやすい銘柄ですので、再入荷通知や各ショップメルマガ、Twitter(@enokishouten)のフォローして頂けますと入荷情報等もアップしています。

最後にえのき先生も一押しのラフロイグ クオータカスクとラフロイグ10年の違いは当店スタッフがYoutubeでも解説しています。

榎商店の各店舗はこちら

酒好きの血が騒ぐ えのき商店amazon店

\在庫切れの場合はTwitterや各ショップのメルマガをご登録下さい/

ウイスキー 商品一覧はこちら