初心者のためのブランデーガイド

今回はブランデーとコニャックの違いについてや、X.OやナポレオンやV.S.O.Pの違いについてご紹介しますね。

ブランデーとコニャックの違いについて

コニャックはフランスのコニャック地方で造られるブランデーで、ブランドとなっている地域です。

ヘネシーやレミーマルタンなどもこの地域で造られています。

コニャックのランク名と熟成年数について

XOやV.S.O.Pというランクの呼び方は、コニャックかアルマニャックのみ規定が定められている、熟成年数によるランクの違いです。

基本的に、ランク名を見れば熟成年数がわかるようになっています。

そのランクの違いは下記の通りです。(下にいくほど若くなります)

  1. X.O.(Extra Old) 平均熟成年数20~25年
  2. ナポレオン 平均熟成年数12~15年程度
  3. V.S.O.P.(Very Superior Old Pale) 平均熟成年数7~10年
  4. V.S.(Very Special) 平均熟成年数4~7年
  5. スリースター 平均熟成年数3~4年

※2018年よりXOの規格が変更になります。

※XOの上にHors d’age(オール・ダージュ)というXOよりクオリティが高いとされる 規格がありますが、ここでは割愛しています。

XOの方がほかのものよりランクが高い。と覚えてもらって大丈夫です。

初心者にオススメのクラスは?

「初心者だから、まずはリーズナブルなものを・・・」

と考えがちですが、ブランデーはある程度のレベルのものを試して、その良さを知っていくことをおすすめします。

あまり安すぎるものや、熟成年数が若すぎるものはエグみや渋みを感じることがあり、それが苦手な方もいらっしゃいます。

できれば熟成されていてクセやエグみの少ないVSOPかXOから入るのがおすすめです。

特に金銭的に余裕がある場合は、XOから入ることをおすすめします。

VSOPのおすすめ

それではオススメのVSOPをご紹介してきます。

レミーVSOP

レミーマルタンVSOP

誰にでも飲みやすい味わいで万人向けの味わいです。女性にも人気があります。

ヘネシーVSOPプリビレッジ

ヘネシーVSOPプリビレッジ

同じヘネシーのVSOP規格でフィーヌシャンパーニュがあり、ランクとしてはフィーヌシャンパーニュの方が使用しているぶどうのランクが上になります。

しかしプリビレッジの方がまろやかなため、初心者の方にはこちらをおすすめしています。

XOのおすすめ

次にオススメのXOコニャックをご紹介します。

カミュXO

カミュXO

日本人の口によく合うブランデーです。

XOが初めての方はカミュXOがおすすめです。

ヘネシーXO

ヘネシーXO

VSOPよりしっかりした味わいで甘みが感じられます。

フルーティー感が好きな方はVSOPの方がオススメ。

クルボアジェXO

クルボアジェXO

価格帯的に入手しやすいクルボアジェ。

クルボアジェはXOクラスからの方が好きという方もいます。

レミーXO

レミーXO

クセがなく飲みやすいXOです。

価格的にもバランスが取れています。

まとめ

ブランデーは熟成年数やブランドによりピンキリなアイテムです。

ぜひご自身に合ったブランデーを見つけてくださいね!