THE BUSKER レビュー

先日リリースされたアイリッシュウイスキー「THE BUSKER」を購入しました。平べったいボトルが特徴的でいいですよね。

今回も飲んでみた感想をテイスティングコメントを真似ながら書いてみたいと思います。

THE BUSKERの感想

私自身アイリッシュウイスキーはジェムソン、カネマラ、ダブリナー、ティーリング、デッドラビットに続く6銘柄目になります。アイリッシュウイスキーはライトな酒質でハイボールに合うという勝手な先入観を持っているんですが、このTHE BUSKERはどんな感じなんでしょうか。

THE BUSKERが造られるロイヤルオーク蒸留所はで2016年に操業が開始されたばかりのようで、非常に新しいんですがモルト、グレーン等3種のウイスキーが生産出来るようです。

では早速ですがと飲む前に公式のテイスティングノートを参考にしてみましょう。

公式テイスティングノート

アイリッシュの魅力であるトロピカルフルーツフレーバーが味わえるウイスキーで、バーボン樽、シェリー樽、マルサラワイン樽の3種の樽を贅沢に使用。

香りはプラム、トロピカルフルーツ、バニラ、ハチミツ、干し草。味わいはモルト、ダークチョコレート、トフィーファッジ、シナモン
引用元:バスカー アイリッシュウイスキー | Explore our craft philosophy

では実際に飲んでみた感想を書いてみます。

THE BUSKER ストレート

THE BUSKER ストレート

香りですが、バニラとブラムの香りがまず感じられます。あとは針葉樹のようなちょっと尖った草感。これが干し草なんでしょうか。再度嗅ぎ直してみてもやっぱりハチミツよりはバニラですね。最初は少しプラムや干し草の刺激を感じますが、バニラ・トロピカルフルーツの甘い香りがメインですね。

口に含むと甘い味わいが広がり、その奥にシナモンをハッキリと感じました。あとモルトの香ばしく甘い印象も受けますね。

スーッと入ってくる感じでアルコールの刺激というのは感じません。飲みやすいですね。

THE BUSKER ロック

THE BUSKER ロック

ロックにしてみてもバニラの甘みは感じますね。あと余韻のダークチョコ感がストレートよりもハッキリと感じました。

逆にシナモンはストレートよりも薄れたような気がします。まろやかな甘さとビターさのバランスが良く、私はロックで飲むのが一番好きかも。

THE BUSKER ハイボール

THE BUSKER ハイボール

ハイボールで受けた印象ですが、やはり非常に飲みやすく爽やかなフルーツと草の印象。甘みは若干抑えられますがプラムが前に出てきのかな。ちょっと酸味のあるハイボールという印象。

やっぱりアイリッシュウイスキーはハイボールで美味しいですね。凄く飲みやすいのでウイスキー初心者の方にもおすすめできます。

最後に私的総評

最後になりましたがこのBUSKERを飲んだ時、私は風をひいておりまして若干いつもよりも嗅覚・味覚ともに万全ではない状態でした。

そんな中でも甘みもしっかりと感じられ、フルーティさ酸味、草感と様々なニュアンスが感じられた上にこの価格というのは良いウイスキーだなぁと記事を書きながら思っています。

普段スコッチやジャパニーズウイスキーを飲んでいる方でも、宅飲み用になかなかおすすめできるボトルでしたね。

バスカー 700ml アイリッシュ ウイスキー 46度

グレンモーレンジ 18年
ロイヤルサルート-21年 青

榎商店の各店舗はこちら

 

\在庫切れの場合はTwitterや各ショップのメルマガをご登録下さい/