ハイボールとファイヤーボール

私はよく安いウイスキーのハイボールに、違ったシングルモルトなんかをちょっとフロートさせて飲んでいるのですが、今回フレーバーウイスキーのファイヤーボールをちょい足しして飲んでみました。

飲んでみた感想

今回はブラックニッカディープブレンドでハイボールを作り、取り敢えず柑橘系も入れちゃえって事で妻が食べてたオレンジを拝借しハイボールに放り込み、そこに2ティースプーンくらいのファイヤーボールをゆっくりとフロートさせるように入れてみました。

ディープブレンドのせいなのか、オレンジ片のせいなのかはわかりませんが、爆発的なシナモン香は若干大人し目、2ティースプーンでは足りないかと思ったら、口に入れるとやっぱりシナモンが広がりました。

そこから飲み進めても、シナモン香って結構残るんですよね。甘さは消えビターなシナモンウイスキーになってきます。これが私にはイマイチな感じでした。

例えばアイラモルトをフロートさせた時には、最初はスモーキーな香りとピートの効いたハイボールなんですが、飲み進めるとスモーク&ピート香が消えていき落ち着いたハイボールへと変わります。

しかしファイヤーボールの場合はずーっとシナモンがいるんですよね。しかも薄〜〜く。これならファイヤーボールのソーダ割りに何かをちょい足しする方が面白いのかも。(今度やってみます)

ファイヤーボールは普通にソーダ割りをデザートとして

ファイヤーボール ソーダ

結局この後ファイヤーボールのソーダ割りを普通に作って、そこに妻の食べているオレンジ片をまた一枚拝借して飲んでみました。

やっぱりこっちが全然美味しいです。
私の中ではハイボールという感覚ではなく、食後のデザートという感覚。
シナモンの甘爽やかな香りと、甘い味わいをゆっくりと飲むのが至高ですね。

私はスモーキー系のハイボールを飲むことが多いので、最後に味を変えるというか、口の中をさっぱりとさせるというか、もはやファイヤーボールを飲んだら本日終了のルーティーンかのように楽しんでます。

まだまだ可能性は多そうなファイヤーボール、いろいろと楽しみ方の研究を続けようと思います。