ジョニーウォーカー ブラックラベル12年  アイラオリジン レビュー

先日届いたジョニーウォーカーの地域別キーモルトシリーズ「ジョニーウォーカー 12年 ブラックラベル アイラオリジン」。構成原酒の中でアイラのモルトにスポットを当てたボトルです。

今回も飲んでみた感想をテイスティングコメントを真似ながら書いてみたいと思います。

ジョニーウォーカー ブラックラベル12年 アイラオリジンの感想

キーモルトはジョニーウォーカーの原酒の中でアイラ島のものである、カリラとラガヴーリン。アイラ島らしいスモーキーさとピーティさが感じられるのかな?

それにしてもカリラとラガヴーリンの12年以上のモルト原酒がブレンドされているんですから、めちゃくちゃリーズナブルだと私は思うんですよね。

では早速ですがと飲む前に公式のテイスティングノートを参考にしてみましょう。

公式のテイスティングノートといいますか、ボトルのラベルに書かれたものをご紹介致します。

With prpminent notes of sweet peat and bonfire embers, its well rounded with a slight spaice and a lingering smoky finish.This whisky is beautifully balanced making it easy to share and enjoy.

Google翻訳して解釈すると、「甘いピートと焚き火、わずかなスパイスとスモーキーな余韻。このウイスキーは美しくバランスが取れています。」という感じかな。

では実際に飲んでみた感想を書いてみます。

ジョニーウォーカー ブラックラベル12年 アイラオリジン ストレート

ジョニーウォーカー ブラックラベル12年  アイラオリジン ストレート

まず香りですがしっかりとスモーキー、磯っぽく、ハチミツのような甘さを感じます。柑橘感も感じますね。確かにラガヴーリンとカリラの間という感じ。

味わいはライトで飲みやすくスモーキーさはしっかりとありながらも甘くて飲みやすいですね。非常に軽く爆発的なスモーキーさというわけではないのでアイラ初心者向けとしてもおすすめできると思います。

ジョニーウォーカー ブラックラベル12年 アイラオリジン ロック

ジョニーウォーカー ブラックラベル12年  アイラオリジン ロック

ロックで飲んでみてもハチミツの甘さはしっかりと残りますね。スモーキーな香りと甘みが強いので、アイラ好きの方でロックは苦手という方でも飲みやすいんじゃないでしょうか。

私はロックで飲んだのが一番好きかも、乾いた灰ではなくしっかりと甘いスモーキーさに惹かれました。

ジョニーウォーカー ブラックラベル12年 アイラオリジン ハイボール

ジョニーウォーカー ブラックラベル12年  アイラオリジン ハイボール

ハイボールは飲む前から絶対美味しいでしょ。
スモーキーさを感じつつピートもありますね。そしてジョニ黒のハイボールのようにハチミツの甘みも感じられこれは飲みやすい。

アイラモルトでハイボールを良く飲んでいる方で、中でもラフロイグやラガヴーリン、アードベッグなんかを飲んでいる方にはピートは緩めですが、軽く飲みたいアイラのハイボールという感じで美味しいですね。

最後に私的総評

ストレート、ロック、ハイボールのいずれの飲み方でも期待以上、お値段以上という感じですね。凄く良いボトルだと思います。

あえて非難するような事を書くとすれば、軽くて飲みやす過ぎるという事かな。悪いことではないのですが、上級者には物足りなさを感じるかもしれませんね。

アイラウイスキーにチャレンジしたいという方にはうってつけとも言えるボトルかなと思いました。

ウィットリーニール
chivasregal-18

榎商店の各店舗はこちら

酒好きの血が騒ぐ えのき商店amazon店

 

\在庫切れの場合はTwitterや各ショップのメルマガをご登録下さい/