クライヌリッシュ14年 レビュー

クライヌリッシュ14年は今回初飲みなんですが、聞くところによると「ハイランドモルトとアイランズモルトの融合」なんて言われているそうです。

今回も飲んでみた感想をテイスティングコメントを真似ながら書いてみたいと思います。

クライヌリッシュ14年の感想

最近Twitterでフォローした方がよく写真をアップしてて、気になってた銘柄です。ハイランド産でアイランズの個性も持つってどういうことなのか、飲む前に想像してたのですが、ハイランド特有の華やかさとアイランズの島々の個性というのは潮っ気なんでしょうか。

では早速ですがと飲む前に公式のテイスティングノートを参考にしてみましょう。

公式テイスティングノート

クライヌリッシュ14年は甘くフローラルな芳香、沿岸の香味と、ライトかつドライなフィニッシュを持つウイスキー。微かなアイランド系のキャラクターを持つ沿岸地方のシングルモルトの典型と言えます。

スコッチウイスキーの全ての要素が入った完全なるテイストが特徴。甘くフローラルな芳香を持ちながら、やや塩気を含んだライトかつドライなフィニッシュも兼ね備えている。塩、蜜蝋。
引用元:CLYNELISH | Moët Hennessy Diageo

では実際に飲んでみた感想を書いてみます。

クライヌリッシュ14年 ストレート

クライヌリッシュ14年 ストレート

まず最初に鼻につくのはリンゴの香りですかね。開栓直後だからかアルコール感も若干ありました。さらに酸味なのかな、ちょっと酸っぱい感覚を覚えた気がします。
そこから段々と蜂蜜の甘みが広がってきます。スモーキーさー殆ど感じませんでした。

味わいはリンゴの酸味と思った以上のビターさ。そしてオイリーな感じがしました。酸味の後から蜂蜜の甘さが来るといった印象です。
潮っ気やスモーキーさは私には個性として書くほど感じられませんでした。華やかな美味しいハイランドモルトという感想です。

クライヌリッシュ14年 ハイボール

クライヌリッシュ14年 ハイボール

少し濃い目にしたハイボールが凄く美味しいです。
リンゴの爽やかな香りと味わい、最初はビターな印象から段々と甘みが広がってきました。

フィニッシュにかけて若干のスパイシーさをハイボールでは感じることが出来ます。さらに噂の潮っ気も微かにですがわかりました。

甘すぎずビターな口当たりから徐々に甘さが広がる感覚が凄く良かったです。食事をしながらでも十分美味しくいただけると思います。

最後に私的総評

フルーティさというか華やかさはハイランドの王道な気がしました。ビター感からの甘さが広がる感じは本当に素晴らしい。

開栓直後は若干のアルコールを感じましたが、これも数週間後には非常にまろやか感じになるのかと思います。

改めて記事を書きながら一口飲んでみると、これが潮っ気?というのもありますが、すいませんよく分かりませんでした。勿論人によっては潮の感じも感じると思います。

私はハイボールよりもストレートの方が好みですね。じんわりと広がる甘みが食後に凄く美味しくいただけました。

ウィットリーニール
chivasregal-18

榎商店の各店舗はこちら

酒好きの血が騒ぐ えのき商店amazon店

 

\在庫切れの場合はTwitterや各ショップのメルマガをご登録下さい/