コッツウォルズ シングルモルト レビュー

コッツウォルズ シングルモルト3種の試飲小瓶をいただいてきました。初めて飲む蒸留所の銘柄なので凄く楽しみです。

スタンダードのシングルモルト、ファウンダーズチョイス、ピーテッドカスクの3種で30mlずつなのでストレートで飲んでみたいと思います。

コッツウォルズ シングルモルトウイスキー

コッツウォルズ シングルモルト ストレート

香りはフルーティでアプリコットや桃、そしてマジパン。味わいはカラメルのような甘さと柑橘系のフルーティさを感じます。最後にはタンニンのようなスパイシーさの余韻ですね。

凄く飲みやすいです。フィニッシュのスパイス感がアクセントになって非常に美味しいですね。

コッツウォルズ ファウンダーズチョイス シングルモルトウイスキー

コッツウォルズ ファウンダーズチョイス シングルモルトウイスキー

こちらは先日行われた東京ウイスキー&スピリッツコンペティション(TWSC)2021においてGOLDを獲得していますね。

ちなみに私が飲んだ方が先だったので色眼鏡なしの評価となりますが、まずアルコール度数が60.5度と非常に高いので、香り・味わいともに若干のアルコール感はあります。

香りはビターチョコ、熟成されたフルーツという感じですね。味わいはバタースコッチのような甘い穀物の味わいですね。甘さが消えていくとトーストの香ばしい感じが余韻として続きました。

これはハイボールにしてみたいと感じました。甘みが強く感じられるだけでなくビターな感じと香ばしさが広がります。度数が高いにも関わらず飲みやすく、スゥーッと溶け込んでいくような感覚でした。

コッツウォルズ ピーテッドカスク シングルモルトウイスキー

コッツウォルズ ピーテッドカスク シングルモルトウイスキー

一番期待しているのがこのピーテッドカスクなんですが、実際に飲んでみたところ、それほどピーテッドという感じではなかったですね。

香りはバニラ、若干のドライフルーツ、少しスモーキーさがあるのかな。でも感じるか感じないか程度の微かなスモーキーです。味わいはライトなフルーツからちょっとスパイシーさとタンニンを感じます。
ビターな感じが穏やかに続く感じでした。

こちらも美味しいですね。ただピーティだとは余り感じませんでした、スコッチのピーティさよりもジャパニーズのピーティさに近いのかな。

こちらもアルコール度数60.2度高めなので、アルコール感はありましたね。

どれが好みだったか

いつもなら迷わずピーテッドカスクと言うところなんですが、やはりGOLDに選ばれるだけあって「ファウンダーズチョイス」が凄く美味しかったですね。

特に印象に残ったのは甘さからの香ばしさへの余韻が凄く良かった。一度フルボトルを購入してみようかなと思いましたね。

とはいえいずれも飲みやすく楽しめましたし、それぞれ違った個性で良かったです。