三郎丸蒸溜所-FAR-EAST-OF-PEAT-セカンドバッチをご紹介

日本では珍しいブレンデッドモルト

今回の三郎丸蒸溜所 FAR EAST OF PEAT ブレンデッドモルトが非常に注目を集めているのは、日本では非常に珍しい滋賀県の長浜市にある長濱蒸溜所、そして富山県の西部砺波市にある三郎丸蒸溜所という2つのクラフト蒸溜所が原酒交換を行いブレンドしたという事です。

スコッチでは様々な蒸溜所の原酒を購入しブレンドして造るというのはよくありますが、日本のブレンデッドは自社蒸溜所の原酒を組み合わせて造らていて、国内他社の蒸溜所の原酒をブレンドさせることはまずなかったんですね。

もしかすると今後日本国内のブレンデッドが面白くなりそうですよね。

三郎丸蒸溜所 FAR EAST OF PEATの特長と違い

三郎丸蒸溜所 FAR EAST OF PEAT ブレンデッドモルトはTwitterでも情報が公開されていましたが、お互いの蒸溜所を訪ねセレクトした原酒を交換し各々の蒸溜所にて独自にブレンドを行ったそうです。

そして今回リリースされるのは「三郎丸蒸溜所 FAR EAST OF PEAT ブレンデッドモルト」、「長濱蒸溜所 INAZUMA ブレンデッドモルトウイスキー」の2銘柄でそれぞれ2種類ずつの4種類。

今回は三郎丸蒸溜所 FAR EAST OF PEATにスポットを当ててご紹介します。

三郎丸蒸溜所 FAR EAST OF PEAT ファーストバッチ ブレンデッドモルト

2017年蒸留の三郎丸蒸留所のヘビリーピーテッドモルト&アイラクオーターカスク熟成の長濱蒸留所ライトリーピーテッドモルトを三郎丸蒸留所ブレンダー稲垣貴彦がセレクトしブレンドしました。日本のクラフト蒸留所同士のピーティーな初競演です。三郎丸×長濱 コラボ初ボトル記念特別対談のURLが含まれています。

ファーストバッチの方は長濱蒸溜所+三郎丸蒸溜所のモルト原酒だけを組み合わせたジャパニーズウイスキー(ブレンデッドモルト)ということです。

容量700ml、アルコール50%、ジャパニーズブレンデッドモルト

三郎丸蒸溜所 FAR EAST OF PEAT セカンドバッチ ワールド ブレンデッドモルトウイスキー

FAR EAST OF PEAT

2017年蒸留の三郎丸蒸留所のヘビリーピーテッドモルト&アイラクオーターカスク熟成の長濱蒸留所ライトリーピーテッドモルトに加えスコッチモルトを吟味してブレンド。モルト原酒のみをつかい華やかで多層的な味わいを目指しました。

こちらのセカンドバッチは長濱蒸溜所+三郎丸蒸溜所+海外産モルト原酒のワールドブレンデッドモルトという事です。因みに海外モルトはどこの蒸溜所かは公開されていません。

容量700ml、アルコール50%、ワールドブレンデッドモルト

榎商店STAFFより

今回の長濱蒸溜所と三郎丸蒸溜所の原酒交換が、今後のジャパニーズウイスキーのブレンデッドウイスキーを益々発展させる一歩であると、ワクワクしております。多くの方がINAZUMAやFAR EAST OF PEATを飲み、感動を覚えることでさらに多くの蒸溜所コラボが始まるかもしれませんね。

さて榎商店STAFFはと言いますと、希少なボトルですから今回も飲むことは難しい気がします。その分多くの方に手にとっていただき、Twitterでのレビューを楽しみにしています。

ウィットリーニール
chivasregal-18

榎商店の各店舗はこちら

酒好きの血が騒ぐ えのき商店amazon店

 

\在庫切れの場合はTwitterや各ショップのメルマガをご登録下さい/

ウイスキー 商品一覧はこちら