Arrrrrrrdbeg! レビュー

念願の「Arrrrrrrdbeg!」を入手することが出来ました。まだまだウイスキー初心者の私の中では当然最高額のボトル購入となったわけです。

今回も飲んでみた感想をテイスティングコメントを真似ながら書いてみたいと思います。

Arrrrrrrdbeg!の感想

アードベッグTENに魅せられてからというもの、アードベッグ5年ウィービースティ、アードベッグANOAを飲んで「間違いなく好きな銘柄」となり、コミッティにも登録しているわけですが、コミッティ限定ボトルは手にすることは出来ないんだろうなぁと諦めてたんですよ。

そんな私のもとに「Arrrrrrrdbeg!入りますよ」と突然のお知らせが、これは買わないわけにはいきませんよね。ということで 無事購入に至りました。

では早速ですがと飲む前に公式のテイスティングノートを参考にしてみましょう。

公式テイスティングノート

公式のテイスティングノートも公式サイトに掲載されていましたが、今回はボトル裏のラベルに掲載されているものをご紹介します。

アードベッグ蒸留所にて13年間、蒸留所長とコミッティーの会長を努めたミッキー・ヘッズが退任することになりました。頼もしいミッキー船長のおかげで、アードベッグ号は数々の荒波を乗り越えることができました。ライ・ウイスキーの樽で熟成した「アーーーーーーードベッグ」は、彼の功績を讃えて特別に造られた宝物です。

燻製したバナナや洋梨がバニラやライ麦の香りに溶け込み、スパイシーな口当たりが、はじけるような果実味を際立たせます。アニスやトフィー、かすかなサワードウ・ビスケットの酵母の風味が、スモーキーな余韻の中に長く残ります。

では実際に飲んでみた感想を書いてみます。

Arrrrrrrdbeg! ストレート

Arrrrrrrdbeg! ストレート

香りですがアードベッグらしいスモーキーさとピートの香りはありますが、ピートはTENに比べて若干控えめな印象を受けました。そして甘い熟成したフルーツ香がバナナや洋梨な気がします。さらに若干のバニラっぽさが甘い香りを引き立ててますね。

味わいは飲んで一番印象を受けたのは「潮気が強い気がする」と思ったんですね。

口当たりはスパイシーさと熟成フルーツ、穀物の甘味、そしてスモーキーな煙が口いっぱいに広がります。ただ甘味やスモーキーさ、スパイシーさの間にも塩っけを感じるんですよね。

この事をTwitterで投稿するとフォロワーの方にリプライを頂いたのですが

ウイスキーの潮気っていいですよね。もちろん甘みもあるから潮気が引き立って美味しいのでしょうけど。

なるほど!単に塩気が強いというわけではなく、甘味が強いからより感じるのかもしれません。兎に角Arrrrrrrdbeg!凄く美味しいです。

Arrrrrrrdbeg! ハイボール

Arrrrrrrdbeg! ハイボール

勿体ないと言われると思いますが、思い切ってハイボールにしてみました。

アーーーーーーードベッグ!のハイボールですが、スモーキーさはTENに比べて穏やかな印象をうけました。そして若干スパイシーさがより出てますね。ストレートで感じた潮気の方はあまり感じなくなったかも。

この事についてもフォロワーさんにリプライを頂いたので紹介します。

前にBARで飲んだ時に、引退したミッキーさんが13年勤めたから13年以上の原酒を使ってるんじゃないかって話を聞いたんで10よりおとなしい感じがするのはそこが理由かもしれないですね

真偽の程は定かではないようなのですが、私が飲んだ印象には合います。そう言えばストレートでもピート香も控えめでしたよね。またArrrrrrrdbeg!という名前も13文字、なんだか凄くロマンを感じます。

ハイボールも非常に美味しいんですが、ボトルの価格を考えると勿体ないという事と、潮っけを強く感じたストレートの方が単純に好みですね。

最後に私的総評

高かったけど買ってよかった。後悔は全く無いです。
TENとはまだ飲み比べをしていないのですが、若干穏やかな印象を受けました。そしてスパイシーさもさることながら甘味も強く、一番の特徴は潮感が素晴らしい点です。

このブリニーさは私のドストライクでした。

今回はあくまで私の個人的な主観に、フォロワーの方のありがたいお言葉を合わせてご紹介させていただきましたが、限定ボトルには夢がありますよね。

Arrrrrrrdbeg!だからこそ、更にTwitterでいろんな方と交流できて楽しかったです。そういった経験も合わせるとプライスレスなのかも。

追記:えのき商店スタッフ:キリが飲んでみた感想

えのき商店のキリです!今回私も話題のArrrrrrdbegを試飲させていただきました!

率直な感想を言いますと、「かなりスモーキーながらも飲みやすかった」です。

私はグレンリベットやグレンモーレンジ等スペイサイドのフルーティな味わいが特に好きで正直アイラ系って苦手な部類なのですがこのArrrrrrdbeg!は抵抗なく美味しかったです。

味わいに関して、スモーキーさはかなり感じるもののフルーティな柑橘系の風味が10年に比べてかなり顕著に感じられました。あと飲んでみた感想で「バナナや洋梨」とありましたが、私は「りんご又はトロピカルフルーツ」と感じました。

香りに関してですが、非常に表現が悪いのですが「みかんの香りがするセロハンテープの粘着部分」の香りを感じました。

決してまずかった表現ではなく、まさにこの感想です。・・・というのもセロハンテープの粘着部分って新品の匂いだと酸っぱく奥にレモンや蜜柑系の甘酸っぱい香りを感じると思うのです。

もともと柑橘系の味わい・香りがすきな私にとっては非常に飲みやすく、「スモーキーなのに飲みやすいアードベッグ!?なんだコレ!?」と少し困惑しました。

アードベッグのスモーキーさは残したままで非常に口当たりまろやかで甘味も感じられることからぜひアードベギャン入門という印象を感じられました。この味わいが限定品というのが非常にもったいない…。

Arrrrrrrdbeg!に苺のドライフルーツを加えてみた。

arrrrrrdbeg ichigo

フルーティ系の香りが感じられるならフルーツ加えるのありなのでは?と思い、即席でフリーズドライフルーツを用意。ナマモノは冷蔵庫にありませんでした(泣)

しっかりフリーズドライフルーツの果実が染み出した頃合いをみて試飲!

…?

苺どこいった??

なんてこった!Arrrrrrdbegのスモーキーさに苺要素が全部吸われてしまった…!!

ちなみにArrrrrrdgegを吸ったドライフルーツを味見した所、かつてないスモーキーの刺激に胃や喉がダメージを受けました。

これおそらく極限のアードべギャンは好きかもしれない…笑

以上、えのき商店スタッフ、キリの飲んでみた感想でした(*´∀`*)

榎商店の各店舗はこちら

酒好きの血が騒ぐ えのき商店amazon店

\在庫切れの場合はTwitterや各ショップのメルマガをご登録下さい/