オールドプルトニー12年 レビュー

塩っぽいウイスキーが欲しいなぁと思いまして、オールドプルトニー12年を購入してみました。どのくらいブリニーなのか楽しみです。

今回も飲んでみた感想をテイスティングコメントを真似ながら書いてみたいと思います。

オールドプルトニー12年の感想

オールドプルトニー蒸留所はスコットランド本土の最北端にある蒸留所でニシン漁が盛んという事でも知られていますよね。細かなウンチクは余り知らない私でも知ってるくらい有名ですね。

そしてブリニーな余韻が楽しめるということでも知られています。

Twitterでも書きましたが、ブリニーな銘柄と言えばスプリングバンクなんですがまぁお高いですし即完売というのが多くて入手が難しい。それならいっそ自分の好みのブリニーなウイスキーを探してみる第1弾で選びました。

では公式のテイスティングノートを参考にしてみましょう。

公式テイスティングノート

バーボン樽で12年熟成されたオールドプルトニー12年はオフィシャルサイトではこのように紹介されています。

辛口でミディアムボディで滑らか、ハチミツとクリームの香りがし、ほのかに塩味があり、わずかにスパイシーなノートと甘く長持ちするフィニッシュ。引用元:Old Pulteney Scotch Whisky – 12 Years Old

では実際に飲んでみた感想を書いてみます。

オールドプルトニー12年 ストレート

オールドプルトニー12年 ストレート

香りはハイランドらしい感じですね。蜂蜜のような甘い香りと酸味のあるフルーツ、青りんごの香りが感じられます。若干潮っぽさもある気がします。

味わいはちょっと辛口というのがわかります。確かにブリニーさ(塩)もありますね。辛口ながらも蜂蜜やバニラも感じますし面白いですね。

余韻ではスパイシーさが長く続きますね。ちょっとだけミーティな感じもしました。

結構複雑な味わいで面白いですね。アルコールのアタックは全く無く塩っ気も感じられ美味しいです。

オールドプルトニー12年 ハイボール

オールドプルトニー12年 ハイボール

ハイボールにすると、驚くほどに青りんご感が凄くて甘くフルーティになります。それこそブリニーさは皆無でした。

例えば塩っぽさを求めて飲むのなら、このハイボールはなしですがハイランドのウイスキーをハイボールにした時の青りんご感で言えば満点に近いくらいの美味しさですね。

最後に私的総評

もともと塩っぽさを求めてオールドプルトニー12年を購入したので、ストレートで飲んだ時に感じたブリニーさは全然ありだなと思いました。

現在スプリングバンクは1万円をゆうに超えてくるのに対し、このオールドプルトニー12年は4000円前後、まぁ4000円代で購入できるのですから「塩っ気」のみで考えた場合は良いですよね。

そして飲んでみて気づいたハイボールの青りんご感が素晴らしくて、これはこれで楽しめます。

最初は量り売りにしたら良かったかもと到着するまでは思ってましたが、飲んでみるとフルボトルで全然OKな好みの美味しさでよかったです。

オールドプルトニー 12年 700ml シングルモルト ウイスキー 40度

榎商店の各店舗はこちら

酒好きの血が騒ぐ えのき商店amazon店

\在庫切れの場合はTwitterや各ショップのメルマガをご登録下さい/