デュワーズ イリーガルスムース8年 レビュー

デュワーズの限定シリーズ「イノベーション・シリーズ」の日本発売第2弾であるデュワーズ イリーガルスムース8年を運良く先行販売で入手出来ました。

今回も飲んでみた感想をテイスティングコメントを真似ながら書いてみたいと思います。

デュワーズ イリーガルスムース8年の感想

以前第一弾のカリビアンスムースも飲みましたが、今回の「デュワーズ イリーガルスムース8年」はメキシコ特産の蒸留酒メスカルの樽で後熟されています。

とは言ってもメスカル自体に馴染みがないので、ちょっと調べてみました。

メスカルとは

メスカルとはアガベ(リュウゼツラン科の単子葉植物で100種以上あり、テキーラも含まれる)を主原料としたメキシコの蒸留酒で、52種類以上のアガベの仕様が認められ、蒸留器に果肉を入れて造るものも多いそうです。

メスカルの特徴のスモーキーさは直火で蒸し焼きしているので、スモーキーな特徴をもつようです。

どういった味わいなんでしょうね。では早速ですがと飲む前に公式のテイスティングノートを参考にしてみましょう。

公式テイスティングノート

デュワーズのオフィシャル(英語)の方から参考にしてみます。

スライスした緑色のコショウとスモーク。フレーバーノートとしてキャラメル、グリーンペッパー、スモークと上げられています。
引用元:Dewar’s Ilegal Smooth Whisky| Mezcal Finished Blended Scotch 8 year old Whisky | Dewar’s

では実際に飲んでみた感想を書いてみます。

デュワーズ イリーガルスムース8年 ストレート

デュワーズ イリーガルスムース8年 ストレート

香りは甘い香りがまず来て、ちょっと草っぽさが感じられます。そこからキャラメルのような甘い香りにまた変化しますね。本当に微かにスモーキーなのかも。(アイラモルトにやられた私の鼻ではスモーキーとは思えません。)

ちょっとクセのある香りですね。グリーンペッパーと言えばそんな香りで、微かなスパイシーさを持った草っぽさがあります。

味わいは飲み口は非常に軽く、甘味とスパイシーさが感じられます。甘いんですが凄くサッパリとしていますね。

飲んだ瞬間はアルコール感は感じられませんが、飲むうちにスパイシーさが強く感じるようになりました。余韻はスパイシーなコショウ感とほんのりとしたキャラメルぽさが続きますね。余韻では若干アルコールを感じますね。

デュワーズ イリーガルスムース8年 ロック

デュワーズ イリーガルスムース8年 ロック

ロックにすると若干甘さ控えめで、スパイシーさとビターさが強まったかな。メスカルのクセを感じますが、スモーキーかというとそれほどスモーキーとは思いません。

私はロックよりはストレートが好きですね。

デュワーズ イリーガルスムース8年 ハイボール

デュワーズ イリーガルスムース8年 ハイボール

ハイボールにすると、ロック同様甘味は抑えられますが炭酸との相性が凄くよくてビターな余韻が食中酒としても発揮しそうな味わいです。

適度な甘味とスパイス、ビターさのバランスが良くてなかなか美味しいです。

デュワーズ イリーガルスムース8年 個人的評価

私個人の好みの飲み方はストレートですね。次はハイボールかな。

若干のメスカルのクセを感じつつも甘さとスパイシーさのバランスが良く、アルコール刺激もゼロではないですが少ないので飲みやすいです。またハイボールは食中にも使えそうな味わいです。

個人的な評価としては、2000円台という価格から考えるとまぁ美味しいですね。カリビアンスムースとどちらが良いかと言われると飲み方によっても代わるんですが、私はイリーガルスムース8年の方が好みでした。

デュワーズ イリーガルスムース 8年

グレンモーレンジ 18年
ロイヤルサルート-21年 青

榎商店の各店舗はこちら

 

\在庫切れの場合はTwitterや各ショップのメルマガをご登録下さい/