ザ・モルトマン シークレット オークニー 18年 レビュー

ザ・モルトマン 「シークレット オークニー 18年」の試飲サンプルをいただきましたので飲んでみました。

今回も飲んでみた感想をテイスティングコメントを真似ながら書いてみたいと思います。

ザ・モルトマン シークレット オークニー 18年の感想

ヨーロッパ向けに限定リリースしたもので、特に人気の高かったボトルを日本向けに特別入荷のようです。

パワフルでスモーキーな中に、甘い蜂蜜香が漂う、シェリー熟成のオークニーシングルモルト。オークニーと言えばオークニー島ですよね?と言うことはハで始まる蒸留所かスで始まる蒸留所の2択なんじゃないかな。

では早速ですがと飲む前に公式のテイスティングノートを参考にしてみましょう。

公式テイスティングノート

では公式のテイスティングノートから引用してみます。

磯の香り、海草、潮の香り。徐々にスモーク香が広がる。シロップ、蜂蜜、穏やかな燻香、塩っぽさがある。ブラックチョコレート、麦芽の甘さが心地よい。
引用元:Secret Orkney 18YO 51.4% 700ml

では実際に飲んでみた感想を書いてみます。

ザ・モルトマン シークレット オークニー 18年 ストレート

ザ・モルトマン シークレット オークニー 18年 ストレート

香りは磯っぽい香りがありますが甘い香りも感じます。蜂蜜、樽香がしっかりと感じられますね。

味わいは塩っぽさが香りからは感じる印象よりも強く、甘味は穏やかでビターなチョコレートを感じました。甘味は強くないですね。

磯の香りも強すぎず心地よい潮感、そこに塩っ気のある口当たりからの微かな甘味とビターチョコっぽさまでのバランスはいいですね。

最後に私的総評

シークレットオークニーという事で、オークニー島のどちらかですかね。塩っぽさが非常に強く感じましたし、穏やかで主張しすぎない甘味とほろ苦いチョコっぽさが凄くよかったです。

因みにSaketryではフルボトルの他にテイスティングボトルも販売されています。

グレンモーレンジ 18年
ロイヤルサルート-21年 青

榎商店の各店舗はこちら

 

\在庫切れの場合はTwitterや各ショップのメルマガをご登録下さい/