ザ・トラベリングサーカスのキーモルトを知る

コンパスボックスから旅行小売店向けにリリースされているブレンデッドウイスキー「ザ・トラベリングサーカス」を構成するキーモルトについての解説記事です。

この記事はブレンデッドウイスキーのキーモルトを知ることで好みのウイスキーをより深く知ると共に、次に飲んでみるシングルモルト選びにも役立つ企画です。

ザ・トラベリングサーカスの特徴とキーモルト

ザ・トラベリングサーカスのキーモルトは

  • タリスカー(アイランズ)
  • カリラ(アイラ)
  • アベラワー(スペイサイド)
  • ポートダンダス(閉鎖蒸溜所)

上記4つの他にブレンデッドスコッチが組み合わせれています。

❇コンパスボックスのブレンデッドはバッチごとに原酒の構成比率が異なります。オフィシャルでは比率もPDFをダウンロードすると掲載されていますので、下記リンクよりご確認ください。

キーモルト1:タリスカーの特徴

タリスカー10年新デザイン

タリスカーは島で造られた潮っ気と黒胡椒のようなスパイシーさが特徴。現行ののものは甘い味わいの中にスパイスと柔らかなピートスモークが感じられます。

おすすめ:タリスカー10年

タリスカー 10年 45.8度 700ml

キーモルト2:カリラの特徴

カリラ12年

香りは柑橘系のフルーツとスモークそして微かにピートの香り。少し甘めな口当たりからピート、スモーキーさが余韻で長く続きます。ストレートで飲むと思ったよりも甘みが強く、ハイボールで飲むとしっかりとピーティでスモーキー。

おすすめ:カリラ12年

レビューはこちら

カリラ12年を飲んでみた感想

キーモルト3:アベラワーの特徴

アベラワー 10年 フォレストリザーブ

香りはオレンジピール、ストロベリージャム、レモン。味わいはメロン、バニラ、ハーブ、レーズン。

おすすめ:アベラワー 10年 フォレストリザーブ

アベラワー10年 フォレストリザーヴ 40度 700ml

キーモルト4:ポートダンダスの特徴

現在閉鎖している蒸溜所でグレーンウイスキーが製造されていました。まれにボトラーズからリリースもあります。

ザ・トラベリングサーカスのおすすめポイント

ピートスモークとペッパーのスパイシーさを覆う甘さが特徴。

ファーストフィルシェリー樽で熟成させたリッチでテクスチャーのあるモルトウイスキーが、香り豊かなドライスモークと味わいに素晴らしいシルキーな華やかさを伴い、深いフルーティさを与えます。

ザ・トラベリングサーカスからのおすすめ銘柄

ザ・トラベリングサーカスを飲んで気に入った方が次に手に取るおすすめの銘柄といえば、同社のブレンデッドであれば『フレイミングハート』がおすすめです。

フレイミングハートはしっかりとしたピート&スモークにスペイサイドの甘さ、そしてアイランズの潮っ気が特徴。

そしてキーモルトからシングルモルトを選ぶとすれば『タリスカー10年』や『アベラワー12年ダブルカスク』がおすすめです。タリスカーはファンの多い銘柄で潮っ気とスパイシーさで好評。

トラベリングサーカスの甘さが好きな方はアベラワーの口の中で広がる甘味を楽しみましょう。

 

キルホーマン・マキヤーベイ
グレンフィディック18年

初心者向けストレートならこれがオススメ!シングルモルト4選

中級者向けストレートで飲むおすすめシングルモルト6選

本日のおすすめ商品はこちら

榎商店の各店舗はこちら

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています