VAT69 レビュー

ウイスキーを飲み始めた時に見かけても正直「なんじゃこりゃ」と思ってしまった銘柄「VAT69」。初心者でVAT69を知っている方はなかりの通ではないでしょうか。

今回も飲んでみた感想をテイスティングコメントを真似ながら書いてみたいと思います。

VAT69の感想

VAT69ってウイスキーを飲みだして、いろいろと知っていくうちに名前を覚える銘柄ですよね。それこそジョニーウォーカーやバランタイン、IWハーパーやフォアローゼスなんかは知っていてもVAT69は知りませんでした。

ということで予備知識が無いので少し調べてみるとキーモルトはロイヤル・ロッホナガー他40種類以上のモルト・グレーンウイスキーをブレンドしているそうです。ロイヤル・ロッホナガーと言えばジョニ青のキーモルトでもあります。

では早速ですがと飲む前に公式のテイスティングノートを参考にしてみましょう。

公式テイスティングノート

公式のテイスティングノートが見つからず。販売店などを調べて見ましたがVAT69の由来的な解説ばかりでした。

100ブレンド作ったなかの69番目のブレンドが選ばれVAT69とネーミング。芳醇な香りと重厚なコクをもつ本格派スコッチ。

では実際に飲んでみた感想を書いてみます。

VAT69 ストレート

VAT69 ストレート

香りはちょっとビックリしたというか、多分私自身は始めて香るような印象を受けたのですが、香りからスパイシーといいますかちょっと刺激があるんですよね。例えば新緑の松の葉を思わせるような。

さらに嗅いでいくとライムのような香りかもと思いましたが、香りの余韻がやはり松葉、干し草そして若干のスモーキーさがあります。

飲んでみるとドライでスパイシーですね。甘味も若干あるものの控えめで余韻はビターさとスパイシーさを感じます。

VAT69 ハイボール

VAT69 ハイボール

そしてハイボールですが、非常にさっぱりとした味わいで酸味のあるフルーツ、スモーキーさを感じます。とは言ってもスモーキーさは微かにです。

私はストレートよりもグッと飲みやすく感じました。さっぱりした味わいでグイグイと飲めますね。甘さ控えめで料理に合わせやすいと思います。

最後に私的総評

ちょっと面白いですね。ストレート時の私の書き方だと酷評のように見えますが、悪くはないんですよね。ただ香りは苦手な方は苦手かも。

私は小学生の時の集団登校時の松原を思い出しました。

飲んでみると香りから感じるほどのスパイシーさではなく、ドライではありますがスッキリと飲める味わいと言う感じでオンリーワン感はありますね。

価格帯が1000円台なので、興味があれば購入してみても面白いと思います。

VAT(バット) 69 40度 箱なし 700ml

榎商店の各店舗はこちら

酒好きの血が騒ぐ えのき商店amazon店

\在庫切れの場合はTwitterや各ショップのメルマガをご登録下さい/