グレンドロナック12年とグレンドロナック18年を飲み比べ

グレンドロナック12年とグレンドロナック18年を飲み比べてみました。グレンドロナック12年は2つのタイプのシェリー樽熟成、グレンドロナック18年はオロロソシェリー樽熟成です。今回はストレートのみでの飲み比べになっています。

グレンドロナック12年とグレンドロナック18年のストレート比較

グレンドロナック12年とグレンドロナック18年 ストレート 飲み比べ

まず飲み比べてみて思ったのが熟成感の違いは大きいですが、シェリー樽でもオロロソシェリーのみかオロロソシェリーとペドロヒメネスのブレンドなのかの違いがよく判る気がしました。

まずグレンドロナック12年の方ですが、単体では気が付かなかったアルコール感を飲み比べてみると感じました。そしてペドロヒメネスの甘みがしっかりと出ているような気がします。

そしてグレンドロナック18年は辛口のオロロソシェリーのみなんですが、18年熟成で非常にまろやかで甘いです。そこからよりビターで濃厚なドライフルーツだとかビターチョコ感というか甘苦い余韻が長く続きます。

実際にどちらもそれぞれ特徴があって美味しいですね。

グレンドロナック18年の熟成感が半端ない

まぁ12年熟成と18年熟成で比較することもおかしいんですが、やはり値段相応といいますか熟成による甘みとビターで長く続く余韻が最高ですね。

ただシェリー樽によるゴムっぽさは12年ではほとんど感じないんですが、18年は若干感じるかも。

両方飲んでみないと単体では気が付かなかった12年のアルコール感であったり、甘みの違いが楽しめてよかったです。

ただストレートで飲んだ感想として今書いているので、ロックは18年が美味しいと思いますがハイボールや水割りだとまた違った印象になると思います。

そして価格差もありますよね。18年は12年の倍以上の価格となっている場合が多いので踏み出すのは結構勇気がいりますが、こうして飲んでみるとやはりそれだけの価値はあるのかなと思いました。

宅飲みでの嗜好品ですので、自分の許容範囲で無理のない程度で楽しむのが趣味としてのウイスキーを長く楽しむ秘訣だと思ってますから、グレンドロナック12年好きの方は友人等とシェアして購入したり、BARで飲んだりと一度は飲んでみて欲しいボトルでした。

グレンドロナック12年 700ml シングルモルト ウイスキー 43度

グレンドロナック 18年 700ml シングルモルト ウイスキー 46度

榎商店の各店舗はこちら

酒好きの血が騒ぐ えのき商店amazon店

\在庫切れの場合はTwitterや各ショップのメルマガをご登録下さい/