ザ・グレンリベット 12年を飲んでみた

シングルモルト売上No.1のザ・グレンリベット。初心者が初めて購入するボトルとして、よくおすすめされる銘柄ですよね。ありがたいことに、おすそ分けしていただきました。

今回も飲んでみた感想をテイスティングコメントを真似ながら書いてみたいと思います。

ザ・グレンリベット 12年の感想

ザ・グレンリベットはスペイサイドに蒸留所があります。熟成にはアメリカンオーク樽、ヨーロピアンオーク樽が使われているそうですね。

よく「ウイスキー初心者が初めて買うボトルは何がいいの?」という質問の回答に紹介される銘柄で、Youtubeなんかでは「有名ドコロとして省きます」なんて端折られる始末。

しかし世界で一番売れてるシングルモルトというだけあって、素晴らしく美味しくて飲みやすい!

では早速ですがと飲む前に公式のテイスティングノートを参考にしてみましょう。

公式テイスティングノート

スムースで、バランスの取れた、フルーティーなウイスキー。贅沢な気分を楽しめます。

香り:フルーティ
味わい:ザ・グレンリベット特有のバニラ、 はちみつの甘さを伴う芳醇でソフトな風味
フィニッシュ:柔らかく滑らかな余韻
引用元:12年 ザ・グレンリベット

では実際に飲んでみた感想を書いてみます。

ザ・グレンリベット 12年 ストレート

ザ・グレンリベット12年 ストレート

やわらかな甘い香りが直ぐに感じられます。蜂蜜、洋梨そして柑橘系のフルーティな香りもありますね。私が感じたのは柑橘系が感じられるが爽やかすぎず、まろやかな甘い香りという印象です。

味わいは蜂蜜の甘さと柑橘類、オレンジかレモンのほんの僅かなビターさも感じました。口当たりはスムースで甘い余韻が残ります。

開栓して結構経つボトルだったのでアルコール感はなく、フルーティな香り、味わいでした。確かに初めての方でも飲みやすく、芳醇でクセがないボトルですね。

ザ・グレンリベット 12年 ハイボール

ザ・グレンリベット12年 ハイボール

ハイボールにしても甘く飲みやすい。逆に飲みやす過ぎてあっという間に飲んじゃいますね。甘さとビターさのバランスが良いので、食中酒としても十分美味しいです。

私はこの時ピザを食べながら飲んだのですが、ザ・グレンリベット12年のフルーティなハイボールがピザの少し脂っこい感じをリセットしてくれる感じがしました。

ただ本当に合うのはフィナンシェとかレーズンサンドといったほんのりと甘いスイーツのような気がします。

最後に私的総評

ウイスキーを初めて購入するという方には確かにおすすめな気がします。
私は3つのタイプのウイスキーを飲み比べて自分の好みを探すのが近道だと思っていて、シェリー系フルーティボトルとバニラ・蜂蜜系ボトル、そしてスモーキー系ボトルの3種類を先ず試すのがいいと思います。

そしてこのザ・グレンリベット12年はフルーティではあるもののバニラ・蜂蜜系ボトルになるのかな。お値段的にも比較的購入しやすい価格帯です。

最近では14年コニャックカスクや12年 イリシット・スティルと美味しそうなボトルも話題になっていますが、スタンダードであるザ・グレンリベット12年は万人受けするおすすめのボトルですね。

ちなみにザ・グレンリベット18年は18年熟成物の中でもかなりリーズナブルなことでも知られています。私も余裕がある時に購入を検討したいと思います。(酔った勢いで買っちゃうなぁ)

グレンモーレンジ 18年
ロイヤルサルート-21年 青

榎商店の各店舗はこちら

 

\在庫切れの場合はTwitterや各ショップのメルマガをご登録下さい/