バレッヒェンの種類と味やおすすめの飲み方をご紹介

エドラダワー蒸留所が造るヘビリーピーテッドウイスキー「バレッヒェン」。ここではバレッヒェンの種類や味の特徴、そしてどんなウイスキーなのかをご紹介。

バレッヒェンについて

バレッヒェンは元々1927年まで運営されていたバレッヒェン蒸留所があり、現在はエドラダワー蒸留所がブランド権を取得し2002年に復活させたそうです。

エドラダワーと言えば濃厚なシェリー樽熟成のノンピートシングルモルトで有名ですが、このバレッヒェンはラフロイグ蒸留所にいたイアン・ヘンダーソンがマネージャーに就任し、ヘビリーピーテッドなシングルモルトを造りました。

そしてこのヘビリーピーテッドのモルト原酒を、エドラダワーならではの樽熟成でリリースされています。

濃厚なシェリー感とラフロイグを思わせるピートが非常に特徴的なんじゃ。
えのき先生
えのき先生

バレッヒェンの種類と味の特徴

バレッヒェンのボトルをいくつか紹介していこう。
えのき先生
えのき先生

バレッヒェン 10年

バレッヒェン 10年

非常にピートの強い10年熟成品。バーボンカスクのファーストフィル70%、シェリーカスクのファーストフィル30%の比率です。

香りはスモーキー、ピート、柑橘系、クリーミー。味わいはクリーミー、ピーティー、バニラ、レモンピールが特徴です。

容量700ml・アルコール度数46度

その他のバレッヒェン

バレッヒェンには様々なシリーズがあり、熟成に使われる樽も多種多様でさすがはボトーラーズのシグナトリーがオーナーというだけありますね。例えばカスク マチュアード シリーズでは

そして特におすすめがストレート・フロム・ザ・カスクシリーズ。これは煙いウイスキー好きで、濃厚な熟成感が楽しみたい方に凄くおすすめ。

このストレート・フロム・ザ・カスクシリーズは500mlなんですが、風味は格別で木箱がおしゃれです。

バレッヒェンのおすすめの飲み方

バレッヒェンの濃厚な風味はストレートもしくは少量加水で飲むのがおすすめ。香り、味わい、樽由来の特徴をしっかりと楽しめます。

またロックで飲んでも、味わいの変化が面白くて、濃厚さもしっかりと感じられますね。

バレッヒェンはハイボールでは渋み等を感じやすい気がするのぉ。
えのき先生
えのき先生

バレッヒェンをおすすめする方

エドラダワーの濃厚なシェリー感が好きで、そして煙臭いスモーキーな銘柄をよく飲まれる方にはどストライクな風味かと思います。

エドラダワーの濃厚さとラフロイグのスモーキーさを併せ持つと言われるバレッヒェンなので、初心者向きではないかもしれませんね。

えのき商店 STAFFより

エドラダワー、バレッヒェン共にストレート・フロム・ザ・カスクシリーズは濃厚さが際立ち、非常に面白く美味しいボトルですが、500mlで1万円程度するのでコスパが良いとは言い難いです。

ただ価格以上に楽しめるボトルなので、まずエドラダワー10年やバレッヒェン10年を飲んで好きだった方は是非一度は飲んでみて下さい。

熟成樽は好みのものがあれば、それを選んでなければオロロソシェリーを選んでみましょう。

グレンモーレンジ 18年
ロイヤルサルート-21年 青

榎商店の各店舗はこちら

 

\在庫切れの場合はTwitterや各ショップのメルマガをご登録下さい/