ハイランドパークの種類と味やおすすめの飲み方をご紹介

親しみやすいオールラウンドタイプのアイランズシングルモルト「ハイランドパーク」。ここではハイランドパークの種類やその味、オススメの飲み方からウンチクまでご紹介します。

ハイランドパークの歴史と蒸留所

1798年創業、スコットランドの北部オークニー諸島にあり、スコットランド最北の蒸留所でも知られています。ハイランドパークの名前の由来はハイパークと呼ばれる高台にあったことからこの名がつけられたそうです。

仕込水は蒸留所下にあるクランテットの井戸水、そして今でもフロアモルティングを行っている数少ない蒸留所です。ピートは独自の採掘場から切り出しているが、オークニーは寒冷地のため樹木が育たず、アイラや本土のピートと違いヘザー・苔・草が堆積されてできたものです。

麦芽の乾燥も18時間ピートを燃やし、その後20時間はコークスを使います。この自家製麦芽を2割使用し、残りの8割は本土からノンピートのものを使用しています。

ピートの違いがハイランドパークのスイートな個性を作っているじゃ。
また熟成樽は主にシェリー樽を使用しているので、島特有のスモーキーさの中にフルーティな香りを感じる。ちょうど中間のウイスキー。
えのき先生
えのき先生

ハイランドパークの種類と味の特徴

ハイランドパークは寒冷地特有の緩やかな熟成、そして独自のピートでスモーキーかつハニーな香り。全体的には濃厚でパワーがあるんじゃ。
えのき先生
えのき先生

ハイランドパーク12年 ヴァイキング・オナー

ハイランドパーク12年ヴァイキングオナー

オークニー独特の香り高いピートとシェリー樽がもたらす、穏やかな“スモーキー&ハニー”。情熱的で勇敢な人々が讃えるシングルモルトです。

りは特有の甘いヘザーのハチミツの香りと、スモーキーなピート香。味わいはオークニー独特の香り高いピートとシェリー樽がもたらす、穏やかなスモーキー&ハニー。

容量700ml・アルコール度数40度

ハイランドパークのおすすめの飲み方

ハイランドパークはまずはストレートを少し楽しみ、そこに加水して香りを感じて下さい。飲み方としてはロックで飲まれる方が多いですが、食中酒としてハイボールにしても美味しいオールラウンダーな銘柄です。

ハイランドパークは飲み方・飲むタイミングを問わずオールラウンダーじゃ。
ただ食中にハイボールで飲む場合は12年がいいのぉ
えのき先生
えのき先生

ハイランドパークの選び方

ハイランドパークの初めての方は「ハイランドパーク12年 ヴァイキング・オナー」そこから気に入った方は「ハイランドパーク フルボリューム」を選ぶといいでしょう。また何度もハイランドパークを愛飲している方は限定ボトルである「ハイランドパーク ヴァルキリー」や「ハイランドパーク ヴァルクヌート」を品切れ前に是非手にとってみて下さい。

シーンを選ばず飲めるウイスキーって実は珍しく、ハイランドパークの最大の個性はスモーキー過ぎず、フルーティ過ぎないところにあるんじゃ。
そのため、食中だろうが食後だろうがどんな料理にも一通り対応出来る。
これはシングルモルトの中でも非常に珍しいといってもいいじゃろう。
えのき先生
えのき先生

えのき商店STAFFより

ハイランドパークは「秀逸な食後酒」とウイスキー評論家のマイケルジャクソン氏にいわしめ100点中90点という高評価を得ているウイスキーです。
ハイランドパーク12年 ヴァイキング・オナーをとっても、全体的に濃厚、香り・味共にパワーがあるので多くの方に満足いただける銘柄だと確信しています。

品切れになりやすい銘柄ですので、再入荷通知や各ショップメルマガ、Twitter(@enokishouten)のフォローして頂けますと入荷情報等もアップしています。

最後に「ハイランドパーク12年 バイキング・オナー」の解説動画を当店スタッフがYoutubeにアップしているので是非御覧ください。

グレンモーレンジ 18年
ロイヤルサルート-21年 青

榎商店の各店舗はこちら

 

\在庫切れの場合はTwitterや各ショップのメルマガをご登録下さい/