グレンドロナック 18年 アラダイス レビュー

そろそろ18年熟成のボトルも買っていきたいなぁという事で「グレンドロナック18年」を購入してみました。ストレートでシェリー感を存分に味わいたいと思います。

今回も飲んでみた感想をテイスティングコメントを真似ながら書いてみたいと思います。

グレンドロナック 18年 アラダイスの感想

基本的にはアイラ好きの超ピーティ派だった私がシェリー系のウイスキーも飲むようになったキッカケがグレンドロナック12年でした。丁度よい甘味と苦味のバランスが凄く良いですよね。

さらに熟成が進み、オロロソシェリーの熟成感はどうなるんだろう。どっしりシェリーを味わってみたくなり購入しました。

では早速ですがと飲む前に公式のテイスティングノートを参考にしてみましょう。

公式テイスティングノート

最高級のスペインのオロロソシェリーカスクで成熟した、この崇高な豊かな揺れた麦芽は本当に忘れられないものです。アラダイスという名前は蒸留所の創設者であるジェームズ・アラダイスからとって名付けられたようです。

香りはファッジとマスコバドの砂糖の甘い芳香。フルーツコンポートおよびモレロチェリーが複雑さを追加しています。味わいは濃厚で魅惑的。 フルーツの煮込みとオールスパイスの素晴らしいフレーバーが、クラシックな熟成オロロソシェリーとトーストしたクルミパンとチョコレートオレンジの組み合わせと調和しています。
引用元:GlenDronach Global | Allardice Aged 18 Years

では実際に飲んでみた感想を書いてみます。

グレンドロナック 18年 アラダイス ストレート

グレンドロナック 18年 アラダイス ストレート

香りは甘い香りの奥に少しゴムぽい香りを感じます。黒糖っぽい香りとレーズン、そしてオレンジチョコレートといった印象ですね。甘い香りが心地いいんですが、若干感じるゴム感なければ最高です。

口に入れるとゴムっぽさは全く気にならず、ドライフルーツ・レーズンの甘味とオレンジっぽさ、そしてチョコレート、コーヒー感。わずかですがスパイシーさも感じました。

凄く濃厚ですね。これくらいになるとフルボディなんでしょうか。飲みごたえばしっかりと感じます。良いんはビターチョコという表現が一番合うかな。長く心地良い余韻が続きます。

グレンドロナック 18年 アラダイス ロック

グレンドロナック 18年 アラダイス ロック

滅多にロックは飲まないのですが、折角の長期熟成シェリー樽熟成なので試してみました。

ストレートに比べて冷えるぶん飲みやすい印象ですが、ビターさや酸味の方が強く感じました。甘味やレーズン感も勿論あるんですが、ストレートに比べよりビターなチョコっぽさという印象ですね。

カカオ率高めのチョコという感じですね。例えば少し甘いチョコを食べながらだとロックがいいかも。

最後に私的総評

めちゃくちゃ美味しいです。流石にハイボールは試していないですが、ストレートは最高に美味しいですね。もちろんロックも美味しいですが、甘味を感じたい私はストレートの方が好きです。

決して安くはないボトルですが、その価値は十分感じられるくらいに美味しいですね。

私は平日は基本ストレートを飲むので、最後の締めの一杯に重宝しそうです。あとロックもこれをきっかけにドンドン飲んでみようかと思います。

飲み方によっての香りや味わいの変化を楽しむにも良いボトルですね。

グレンドロナック アラダイス 18年 46度 箱付 700ml

榎商店の各店舗はこちら

酒好きの血が騒ぐ えのき商店amazon店

\在庫切れの場合はTwitterや各ショップのメルマガをご登録下さい/