グレンドロナックの種類と味やおすすめの飲み方をご紹介

シェリー樽特有の深みのある香りが特徴的な『グレンドロナック』。最近SNSでもよく見かける人気のスコッチです。ここではグレンドロナックの種類やその味、オススメの飲み方からウンチクまでご紹介します。

グレンドロナックの歴史と蒸留所

グレンドロナックはゲール語で「ブラックベリーの谷」という意味でグレンドロナック蒸留所はハイランドとスペイサイドの境にあります。

1826年に建てられたものの、1837年に火事で消失。その後再建され1960年にウイリアム・ティーチャー&サンズ社に買収され「ティーチャーズ」の原酒として使われてきました。
現在は2016年にブラウンフォーマン社が買収しオーナーとなっています。

スコットランドの中では最後まで石炭を使用した直火焚きにこだわった蒸留所としても知られている。現在ポットスチルは初留2基、再留2基の計4基でスチームによる間接焚きになっている。

グレンドロナックの最大の特徴は100%シェリー樽熟成。風味を損なわないようノンチルフィルター、ノンカラーリングでボトリングを行っているんじゃ。
えのき先生
えのき先生

グレンドロナックの種類と味の特徴

グレンドロナックは素朴で優しくシェリー樽由来の甘い口当たり。
フルーティでドライな麦芽の風味がマッチしているんじゃ。
えのき先生
えのき先生

グレンドロナック 12年 オリジナル オールシェリー

グレンドロナック 12年 オールシェリー

シェリー樽熟成のエキスパートとして知られ、造られるウイスキーは、その深い色、そして、厳選されたシェリー樽による、 甘く果実味のある風味とドライでナッツのような香りによる、芳醇なフレーバーが特徴。

辛口のオロロソと極甘口のペドロヒメネスを熟成した、ヨーロピアンオークのシェリー樽のみを使用。

香りは甘く、クリーミーなバニラ、ジンジャー、オータムフルーツ、クルミ、蜜蝋。味わいはリッチ、クリーミー、シルクのようにスムース、暖かくリッチなオークとシェリーの甘さ、やわらかいフルーツ、スパイス、ナッツ。

容量700ml・アルコール度数43度

グレンドロナック12年

グレンドロナック 12年

グレンドロナックのスタンダード。辛口のオロロソ・シェリ-と極甘口のペドロヒメネス・シェリーの樽を使用した100%シェリー樽熟成。バニラ・蜜蝋・オータムフルーツ・シェリーの香りにクリームパンそして少しの酸味、ホワイトペッパーのスパイシーさも。

フルーティさとビターのバランスの良いハイランドモルトの入門編。

容量700ml・アルコール度数43度

グレンドロナック18年 アラダイス

グレンドロナック 18年 アラダイス

18年アラダイスは、100%オロロソシェリー樽で18年間熟成の原酒をアンチルフィルターでボトリング。

香りはオロロソシェリー、糖蜜、トフィー、レーズン、チョコレートオレンジ。味わいは豊かでフルボディ。 コーヒー、チョコレート、イチヂク、わずかにスパイシー。

容量700ml・アルコール度数46度

グレンドロナック 21年 パーラメント

グレンドロナック 21年 パーラメント

オロロソシェリー樽由来のコクのある苦みと、ペドロヒメネスシェリー樽由来の甘味が見事に調和した、フルボディなハイランドモルト。

オロロソシェリーとビターチョコのフレーバー。シナモン、オールスパイス、ナツメグといったスパイスのフレーバーも広がります。なめらかなタンニンを少し感じさせるフルボディな味わい。

容量700ml・アルコール度数48度

グレンドロナックのおすすめの飲み方

グレンドロナックは食後にトワイスアップやロックがおすすめ。シェリー樽の甘い香りを楽しみながらゆっくりと飲む感じですね。
味わいを深く楽しみたい方はストレートで。

グレンドロナックはシェリー特有の香りが楽しめると同時に味わいも損なわないロックが一番のおすすめじゃな。
もっと香りを楽しみたいはトワイスアップ、味わい重視の方はストレートという感じじゃ。
えのき先生
えのき先生

グレンドロナックの選び方

グレンドロナックの選び方としては、やはり最初はスタンダードのグレンドロナック12年。そして15年・18年・21年と試してみましょう。15年はドライフルーツやビターチョコの風味が、そして18年はさらに複雑に長い余韻が楽しめます。

熟成年数の長いものは入手が非常に難しい気がします。

シェリー樽ウイスキー好きの方にはグレンドロナックは非常におすすめじゃ。
じゃが現在人気で入手が難しいのでシェリー樽熟成の他の銘柄も覚えておくといい。
えのき先生
えのき先生
わかば
わかば
先生、シェリー樽熟成の違う銘柄は何がありますか?
有名どころだと、マッカランやグレンファークラスじゃな。
このブログで以前に「シェリー樽で熟成されたウイスキーのおすすめ銘柄12選」を記事にしているので合わせて見てみるんじゃ
えのき先生
えのき先生

えのき商店 STAFFより

グレンドロナックはシェリー樽での熟成と赤みがかった琥珀色から甘そうな印象を持ちますが、甘い香りのわりにスッキリとドライな後味が飲みやすいです。

最近はSNSでも非常によく見かける銘柄だけにグレンドロナックの15年以降の長期熟成は枯渇気味の傾向。見つけたらお早めの購入がおすすめです。

品切れになりやすい銘柄ですので、再入荷通知や各ショップメルマガ、Twitter(@enokishouten)のフォローして頂けますと入荷情報等もアップしています。

最後にグレンドロナックの解説動画を当店スタッフが解説動画をYoutubeにアップしています。是非御覧になってください。

ウイスキー 商品一覧はこちら