ポートシャーロット10年

注いだ瞬間からスモーキーフレーバーが香る「ポートシャーロット 10年」を購入したので飲んでみた感想をテイスティングコメントを真似ながら書いてみたいと思います。

ポートシャーロット 10年の感想

冒頭でも書いたとおりポートシャーロット10年はフェノール値が40ppmのヘビリーピーテッドのアイラモルトです。

ただ他のアイラモルトと若干違うと感じたのは、ピート香の種類がなんとなく違うのではないかという点。例えばラフロイグのようなヨード香というのは抑えめな気がしました。

ちょっと公式のテイスティングノートを参考にしてみましょう。

公式テイスティングノート

香り:潮の香りがスモーキーさを落ち着かせ、オーク、スモーク、スピリッツの個性は熟成によりバランスが取れている。乾燥した土っぽさピートの灰を感じさせるスモーキーさを常に感じる中に、キャラメル、ファッジ、バニラカスタード、ジンジャー、ナツメグ、クローブが前に出ます。
> グラスに一滴の水を加水すると穏やかなレモンのような柑橘系のフルーツ、深く呼吸するとヘザー、シーピンクの花の香りが大西洋岸へともたらします。
味わい:舌ざわりは顕著な繊細さと柔らかさ、オークの奥深くから引き出された甘さを煙がゆるく包み込むので、風味のバランスは素晴らしい。ココナッツ、ヴァニラカスタード、レモンの花の蜂蜜とともに、牡蠣の燻製と日に灼けた砂浜が現れる。
フィニッシュ:フィニッシュはスモーキーさは勿論、ファッジやモルティングした大麦、オレンジ、マンゴーの柔らかな甘さ、オーク樽の深みを感じる。一口毎に変化しスモークが出入りするにつれて、熟したリンゴとアプリコット、モルトとオーク樽由来の甘さがポートシャーロットのドライなスモークと絡み合っています。
引用元:Port Charlotte 10 – Bruichladdich Distillery

注意:翻訳にはGoogle翻訳を使っているので、若干の違いはあるかもしれません。

ポートシャーロット 10年 ストレート

ポートシャーロット10年ストレート

香りはやはりスモーキーさがガツンときますね。確かにピート香というよりもBBQの灰のような感じという表現でしょうか、薬品臭という感じではない気がします。

スモーキーさの中に甘い香りは感じます。ただそれがキャラメルなのかバニラなのかは初心者の私にはまだ判別出来ませんが、どちらかといえばバニラな気がします。

味わいは口に入れた瞬間から煙が来ますが、全然嫌じゃない感じの香ばしさとその中にしっかりと甘さを感じました。そして若干の潮っぽさもある気がします。旨味という表現はおかしいのかもしれませんが、ほんのりと甘いスモーク感といいますか、焦げたバニラかな表現が難しいです。

余韻もしっかりとスモーキーです。モルトの甘みもかすかにですが感じる気がします。

まぁストレートで飲むのも最近ようやく慣れてきた程度の感想なので、また後日修正・追記を行っていきたいと思います。

ポートシャーロット 10年 ハイボール

ポートシャーロット10年ハイボール

ポートシャーロット10年をハイボールで飲んでみると、甘さは軽減されスッキリとドライなスモーキーなハイボールになります。少しビター感が増して非常に飲みやすい。これは焼いた海鮮料理や肉料理に非常に合いますね。

ウイスキーを飲む順番として例えばシェリー系なんかを飲んだ後に口をスッキリとさせたい時なんかに重宝しそう。いやポートシャーロットのスモーキーさで一気に舌が持ってかれるかもしれません。

最後に私的総評

今回飲んだポートシャーロットはヘビリーピーテッドという事もあり、初心者の方(私も初心者だが)にはいきなりはおすすめではない気がします。
ただこのスモーク感はやみつきになる美味しさ!ラフロイグやカリラとはまた違ったスモーキーなタイプと感じました。

ストレートで飲んだときの甘みもさることながら、ハイボールにしたときのビターでドライな爽快感は本当に美味しいです。

ボトルにはまだタップリとあるので、〆のハイボールに重宝する1本です。
また少しずつ私のテイスティングが上達すれば、記事の修正・追記を行っていきます。

ポートシャーロット詳細情報はこちら

ポートシャーロットの種類と味やおすすめの飲み方をご紹介

榎商店の各店舗はこちら