スペイサイドオリジン レビュー

購入しようと長い間思ってたにも関わらず、後回しにしてた「ジョニーウォーカー 12年 ブラックラベル スペイサイドオリジン」。構成原酒の中でスペイサイドのモルトにスポットを当てたボトルです。

今回も飲んでみた感想をテイスティングコメントを真似ながら書いてみたいと思います。

ジョニーウォーカー ブラックラベル12年 スペイサイドオリジンの感想

キーモルトはジョニ黒の原酒の中でスペイサイドのものである、カーデュとグレンデュラン。スペイサイドの青りんごっぽいフルーティさが感じられるのかな?

残念ながらカーデュやグレンデュランはシングルモルトとして飲んだことはないので、ちょっと味の想像はつかない状態です。あとはブレンデッドモルトなのでモルト原酒のみの組み合わせ造られています。

では早速ですがと飲む前に公式のテイスティングノートを参考にしてみましょう。

公式テイスティングノート

公式のテイスティングノートといいますか、ボトルのラベルに書かれたものをご紹介致します。

Prominent notes of orchard fruit like cut greenapple,cask aged for a touch of sweetness with a smooth and vibrant finish.

Google翻訳して解釈すると、「カットした青りんごのような果樹園のフルーツの香り、なめらかで鮮やかな仕上がりの甘さ。」という感じかな。

では実際に飲んでみた感想を書いてみます。

ジョニーウォーカー ブラックラベル12年 スペイサイドオリジン ストレート

スペイサイドオリジン ストレート

まず香りですが、青りんご、そして蜂蜜というかバニラというかメープルシロップが一番近い気がします。ものすごく甘くフルーティな香りです。少しアルコール感も感じますが気になるような強さではないです。

味わいは口に入れた瞬間から青りんごのフルーティな甘さがまず来ます。そこから段々とビターでスパイシー、さらに蜂蜜、モルトの甘味を感じました。

余韻には本当に微かにですがスモーキーさもあるのかな。

凄くフルーティですね。しかしもっと甘口なのかと思っていたので思ったよりもビターだったのに驚きました。クセもほとんど無く凄く飲みやすいですね。

ジョニーウォーカー ブラックラベル12年 スペイサイドオリジン ハイボール

スペイサイドオリジン ハイボール

ハイボールにすると甘く華やかな香りと味わい。青りんごのようなフルーティな甘味がまずきて、最後にはキリッとしたビターさで終わります。

これは優秀ですね凄く美味しいです。
まぁ驚くほどに飲みやすい。唐揚げ等の油を使った料理にも合いますし食後にナッツと合わせて飲んでも美味しいですね。

ストレートもハイボールもどちらも美味しかったです。

最後に私的総評

3000円少しで、ブレンデッドモルトでこの味わいで12年熟成と考えると凄くコスパはいいように思います。ストレートで飲んでもスペイサイドの特徴を感じられる味わいだと思いました。

ただハイボールをメインで飲まれるという方は、全然違う印象ではありますが「ジョニ黒」でいいんじゃないかな。

ちょっとジョニ黒との飲み比べもしてみようかと思います。

限定品ですがまだまだ見かけることが出来ますね。ただアイラオリジンやローランドオリジン、ハイランドオリジンはYoutube以外で見たこともないですね。

日本には入って来ないのかな。

ウィットリーニール
chivasregal-18

榎商店の各店舗はこちら

酒好きの血が騒ぐ えのき商店amazon店

 

\在庫切れの場合はTwitterや各ショップのメルマガをご登録下さい/