KAVALAN オロロソシェリーオーク レビュー

KAVALANの飲んでみたは第4弾かな、オロロソシェリーオークの50mlを購入して飲んでみました。

今回も飲んでみた感想をテイスティングコメントを真似ながら書いてみたいと思います。

KAVALAN オロロソシェリーオークの感想

KAVALANは価格的に敷居が高いと思ってたのですが、先日飲んだバーボンオークの美味しさに「そりゃ高けぇわ」って思わされる香り味わいでした。

そして私自身シェリー樽熟成よりもバーボン樽熟成好きかもと思ってたのですが、このKAVALAN オロロソシェリーオークを飲んでみて一気にシェリー樽熟成のものをもっと飲んでみたいと思わされるほど驚愕でした。

では早速ですが、まずは公式のテイスティングノートを参考にしてみましょう。

公式テイスティングノート

風味や口当たりはシェリー原酒とやや異なりますが、シェリーカスクの芳しい甘みと豊かな香りはそのままです。

濃厚で滑らか。ドライフルーツや香辛料の香りが口の中で情熱的なフラメンコを踊るような味わいとともに、上品なコーヒーの香りがほのかに伴奏を加えます。ピュアな風味でドライフルーツ、ナッツ、香辛料などの香りが幾層にも広がります。また魅惑的で心地よいアーモンドの香りがほのかに漂います。
引用元:Kavalan Whisky

では実際に飲んでみた感想を書いてみます。

KAVALAN オロロソシェリーオーク ストレート

KAVALAN オロロソシェリーオーク ストレート

このKAVALAN オロロソシェリーオークはアルコール度数が54%と高く、カスクストレングスなんでしょうか。その分凄く風味が強く感じられます。

香りですが、甘いドライフルーツのような香りが濃厚です。その中に少しスパイス感というかピリっとした感じがありますね。アルコール度数が高いのでアルコール感もありますが、それ以上に甘い香りが広がります。

バーボンオークを飲んだ後なので、それほどビックリはしませんがかなり香りが強いですね。

味わいはドライフルーツ、ビターチョコといったシェリー樽感が凄いですね。アルコールのピリピリ感も若干ありますが、濃厚な甘味がきて、ゆっくりとビターチョコのようなほろ苦さ、そこからスパイス感が余韻として長く残ります。

もうストレートだけで大満足なんですが、折角なんでハイボールも試してみます。

KAVALAN オロロソシェリーオーク ハイボール

KAVALAN オロロソシェリーオーク ハイボール

ハイボールの写真を見ても判るように、普段と同じ程度の量を入れたにも関わらずこの色。KAVANANオロロソシェリーオークの熟成感が目に見てとれますね。

ハイボールにしても甘さは健在で、すごく濃厚「美味しい」です。

ほろ苦さとスパイス感もありドッシリとした味わい。リピートしたくなるハイボールですが、ハイボールでガンガン飲むようなボトルではないですね。

最後に私的総評

KAVALANバーボンオークに続いてKAVALANオロロソシェリーオークもAmazonの欲しい物リストに入りました。

好みの問題ですが、まず購入するのは「KAVALANバーボンオーク」かな。というのもこれまであまりバチバチのシェリー樽系銘柄と言われるグレンドロナックやグレンファークラスなどをあまり飲んでないんですよね。

まずは価格的にもお買い求めしやすい、グレンファークラスの10年から15年あたりまでとグレンドロナック12年を飲んでみようと思いました。

そしてKAVALAN オロロソシェリーオークかグレンドロナック18年かグレンファークラス17年かを迷ってみようかな。

しかしこちらもソリストはどれほど美味しいんでしょうか、最終的にはソリストを買ってみたいと思います。