ジョニーウォーカー12年ブラックラベルとダブルブラック 比較

ジョニーウォーカー12年ブラックラベル(通称ジョニ黒)とジョニーウォーカーダブルブラックを飲み比べしてみました。

ジョニ黒は12年表記されていて、ブランクラベルはヴィンテージ表記はありません。実際に飲み比べてみて違いを味わってみようと思います。

ジョニーウォーカー12年ブラックラベルとダブルブラックのストレート比較

ジョニーウォーカー12年ブラックラベルとダブルブラック ストレート

まず最初に2つのボトルを構成する原酒ですが、ダブルブラックの方がピートの効いたモルトを多めにしているという事ですので、ラガヴーリンが多いんですかね。確かに熟成年数表記は出来ませんよね。

ただ「ピートの強い原酒は若いほどピートを感じる」傾向にあると思うので、それはそれでいいのかもしれません。

香りをまず比べてみると確かにダブルブラックの方がスモーキーさを強く感じます。ただピートで言えば若干強くなったかな程度ですね。

口に含むとスモーキーさはやはりダブルブラックが結構強くなっています。ジョニ黒は甘く穏やかなスモーキーさという感じですが、ダブルブラックは甘いんですがもっと乾いたような煙感を感じました。

ピートはやはり若干感じる程度ですね。

ジョニーウォーカー12年ブラックラベルとダブルブラックのハイボール比較

ジョニーウォーカー12年ブラックラベルとダブルブラック ハイボール

では2つをハイボールで飲み比べてみます。

ハイボールにするとスモーキーさがさらにハッキリと感じ取れます。ダブルブラックは確かにスモーキーさが強くなってます。そしてピートもストレートよりは感じる気がします。

ただジョニ黒もスモーキーさが出ているので、これは好みの問題かなと思いました。2つとも高コスパで美味しいですね。

スモーキーさをより感じたい方はダブルブラックだが

これはどちらを取るかという事で、例えば熟成感を若干でも感じたい方はジョニーウォーカー12年ブラックラベル、スモーキーな印象をもっと感じたい方はダブルブラックという感じですね。

因みに私の好みは通常のジョニ黒でした。
ダブルブラックを選ばなかったのは、確かに2000円台でスモーキーさを感じるブレンデッドといえば凄く優秀だと思います。ただジョニ黒飲んでもっとスモーキーさが欲しいと思ったら「フィンラガン」を選びますね。

「フィンラガン=カリラ」と言うことで、グッとスモーキーになりますし、価格的にも一番安いものなら2000円台で販売されています。

となるとジョニ黒に求める飲みやすさや甘味等を考えて、ジョニ黒を飲んでそこからフィンラガンを飲むという方がいいのかなと思います。

ジョニー ウォーカー 黒ラベル 12年(ジョニ黒) 40% 700ml

ジョニー ウォーカー ダブルブラック 700ml お歳暮 御歳暮 ギフト

ウィットリーニール
chivasregal-18

榎商店の各店舗はこちら

酒好きの血が騒ぐ えのき商店amazon店

 

\在庫切れの場合はTwitterや各ショップのメルマガをご登録下さい/