ジョニーウォーカー スイートピート

ジョニーウォーカー ブレンダーズバッチシリーズのスイートピートを先日購入して飲んでみました。

今回も飲んでみた感想をテイスティングコメントを真似ながら書いてみたいと思います。

ジョニーウォーカー スイートピートの感想

ブレンダーズバッチシリーズで現在日本で流通しているボトルは「ワインカスクブレンド」と「レッド ライフィニッシュ」ですね。他にもAmazonで稀に見かけますがおそらく並行輸入品で価格はお高いです。

私が購入したSWEET PEATも通常価格は2000円前後くらいなのに対し、4000円近くで購入しました。しかも容量500mlですよ。でもピートと聞いちゃ買っちゃいますよね。しかもスイート付きでなおさらです。

ただ「ブレンダーズバッチシリーズ ハズレ無し説」の検証にもなるかと思いますし、実はブレンダーズバッチシリーズは12作でこれは10番目らしいので、日本では流通しないかもしれません(非常に残念)。

では早速ですが、まずは公式のテイスティングノートを参考にしてみましょう。

公式テイスティングノート

公式のテイスティングノートは見当たらず、ボトルのラベルに書かれているブレンダーズノートをGoole翻訳してみます。

Sweet,caramelised sugar and slight spiciness.Warms with bonfire embers.Long and gemtle peat smoke finish.

甘く、カラメル化した砂糖、わすかなスパイス。焚き火の残り火。フィニッシュは長くて穏やかなピート。という感じでしょうか。

では実際に飲んでみた感想を書いてみます。

ジョニーウォーカー スイートピート ストレート

ジョニーウォーカー スイートピート ストレート

香りはキャラメルですね。あとはバニラも感じられます。ピート香は感じません。フルーティというよりも砂糖系のとにかく甘い香りが感じられます。グレーン比率が高いのかな?どことなくグレーンぽさも感じました。

味わいは口に含んだ瞬間から非常に甘く、若干のスパイス感も感じられます。喉を通って最後にふっとピート香が感じられました。ピートは本当に穏やかでふわっと香ってくる程度ですね。

ただ甘さとスパイス感、そしてフィニッシュのふわっと香るピート香が心地よく感じられました。

ジョニーウォーカー スイートピート ハイボール

ジョニーウォーカー スイートピート ハイボール

ハイボールにしても甘いですね。ビターさが若干強くなりますが、スパイス感と合わさりスッキリします。ピートはストレートの時よりは感じなかったかな。

ちょっと他のボトルを色々と飲んだ後で、少し酔ってました。
ハイボールは「めちゃくちゃ美味い!」という感じではなかったかもしれません。あくまで他でも代用できるというか、これじゃないと駄目感はないというだけで、美味しいはおいしいです。

ハイボールとストレートなら断然ストレートがおすすめのボトルかと私は感じました。

最後に私的総評

私が飲んだことがあるブレンダーズバッチシリーズは、ワインカスクブレンド、レッド ライフィニッシュに続いての3本目だったのですが、私はスイートピートが一番好みですね。

最後の鼻に抜ける時に感じるピート香が素晴らしいです。

また風味も勿論ですが、ボトルがジョニーウォーカーのグリーンラベル以上で採用されている上げ底の高級感があるボトルなんですよね。これがデスクに置いておいてもカッコいいんですよね。

欠点としては価格は高めで容量500ml、そして現状Amazonといったモールでないと購入出来ない点かな。もう一本ほしいなぁと思いますが、4000円出すならグリーンラベル購入すると思います。

まぁ珍しいボトルですし、非常に美味しいので気になる方は買ってみてはいかがでしょうか。ただピートに期待は禁物ですよ。当然アイラのようなガツンとはきません。優しく香る感ですね。

そして非常に甘いので、甘いウイスキー好きの方のストレート用としてはいいかと思います。

榎商店の各店舗はこちら

酒好きの血が騒ぐ えのき商店amazon店

\在庫切れの場合はTwitterや各ショップのメルマガをご登録下さい/