ラフロイグ

ラフロイグは、あらゆるシングルモルトウイスキーの中でも、最も強烈な個性を持つアイラ・ウイスキーです。

その中でも、ラフロイグは特にこのピート香が強烈で、初めて飲まれた方は、まずスモーキーさ(煙の味)だけが印象に残ることでしょう。

また、強いピート香以外にも、磯の香り、ヨード臭、消毒薬のような香りなど、香りについてさまざまに表現されるほど、独特のクセがあります。

この独特のクセのために、嫌いな方は「臭いがキツイので隣で飲まれるだけも嫌」というほど嫌い、好きな方は「他のウイスキーは頼りないのでこれしか飲まない」というほど好きと好き嫌いがはっきりと分かれるのが特徴です。

 

ラフロイグのラインナップとおすすめについて

ラフロイグはたくさんのラインナップがリリースされています。

主なラインナップは下記の通りです。

  • ラフロイグ 10年
  • ラフロイグ 15年(限定品のため終売)
  • ラフロイグ 18年
  • ラフロイグ ロア
  • ラフロイグ クオーターカスク
  • ラフロイグ トリプルウッド
  • ラフロイグセレクト
  • ラフロイグ ブローディア
  • ラフロイグ 25年
  • ラフロイグ 30年

この中でスタンダードなものはラフロイグ10年です。

はじめてラフロイグを飲む方は、ラフロイグ10年がオススメです。

 

ラフロイグ10年ついて

ラフロイグの特徴はなんといってもファーストフィルのバーボン樽を使うこと。

ラインナップによってはオーク樽やシェリー樽などを使用しています。

しかしラフロイグらしさが1番でているのは、ファーストフィルのバーボン樽で熟成させたもの。

それがラフロイグ10年です。

甘いバニラ、クリームのような滑らかさを合わせ持ち、爽快なピート香や磯の香の強烈で独特の香りがあります。

 

ラフロイグのおいしい飲み方

ストレートやロックでも楽しめるラフロイグですが、スッキリとした爽快感とほどよいスモーク感を楽しめるラフロイグソーダがおすすめです!

ラフロイグソーダ

ラフロイグソーダ

材料

  • ラフロイグ10年 30ml
  • ソーダ 90~120ml

氷を入れたタンブラーにラグロイグ10年を入れ、ソーダを注ぎます。

ソーダを加えたら、できるだけステアを控え、スモーキー&クールな感覚をお楽しみください。

 

 

 

まとめ

ラフロイグの良さはなんといってもファーストフィルのバーボン樽熟成のニュアンスですが、他の樽でも色々とチャレンジしています。

ラフロイグ10年を基準にした場合、

  • もっとスモーキー感を楽しみたいなら「ラフロイグ セレクト」
  • 10年より強めのバーボンの樽感を楽しみたいなら「ラフロイグ クオーターカスク」
  • バーボン樽+シェリー樽のニュアンスを楽しみたいなら「トリプルカスク」
  • ヨーロピアンオーク樽(ドライフルーツ系のニュアンス)+バーボン樽を楽しみたいなら「ラフロイグ ロア」

といったところです。

奥深いラフロイグの世界。

まずはラフロイグ10年を基準にいろいろ試してみてくださいね!

ラフロイグ