ポール・ジョンの種類と味やおすすめの飲み方をご紹介

注目のインドから世界に発信するシングルモルト「ポール・ジョン」。台湾ウイスキーと同じく最も世界で注目されています。ここではポール・ジョンの種類やその味、オススメの飲み方からウンチクまでご紹介します。

ポール・ジョンの歴史と蒸留所

1992年創業、インドで第4位の総合酒類メーカー「ジョン・ディスティラリーズ社」。インド国内からヨーロッパ、アメリカ、シンガポール、ニュージーランド、オーストラリアそして日本と世界各国で発売が開始されてます。

ジョン・ディスティラリーズ社は2009年に世界遺産でも知られる街ゴアに蒸留所を建設し生産を開始。

ポッドスチルは銅製でインドの風土や気候を考慮してとのこと、そして面白いのがピートの調達、スコットランドのアイラ産とハイランド産の2酒類を調達している。

ゴアは熱帯ゆえに熟成は早く、リッチで複雑なアロマ・フレーバーにするんじゃ。またノンチルフィルタードで無添加なんじゃよ。
えのき先生
えのき先生

ポール・ジョンの種類と味の特徴

ポール・ジョンはこれから日本で一気に広まりそうなほど、種類も非常に豊富なんじゃ。
えのき先生
えのき先生

ポールジョン クラシック

ポールジョン クラシック

バーボン樽にて7年の熟成。

香りフルーティ、蜂蜜。味わいは大麦麦芽、バーボン、蜂蜜、トースティな味わい。フィニッシュはサトウキビのような柔らかい味わい。

容量700ml・アルコール度数52.2度

ポールジョン ピーテッド

ポールジョン ピーテッド

バーボン樽にて7年の熟成。

香りスモーキー、甘く土のような香り、スパイスの余韻。味わいは大麦麦芽、バーボン、スモーキー感とのバランスが完璧、ココアの風味。フィニッシュは繊細でココアとマーマレードタルト。

容量700ml・アルコール度数55.5度

ポール ジョン ニルヴァーナ

ポールジョン ニルヴァーナ

ニルヴァーナは、インド・ゴア海岸の魅力を表すもの。

香りはバーボンの柔らかな香り、フルーツケーキ、キャラメル、プディング。味わいは蜂蜜のようなアマ、塩味を帯びた大麦、芳醇なバニラ。

容量700ml・アルコール度数40度

ポールジョン ブリリアンス

ポールジョン ブリリアンス

バーボン樽にて5~6年の熟成。ノンチルフィルタード。

香りはサトウキビのような香り。味わいは蜂蜜のような滑らかさとクリスピー。フィニッシュは滑らかで落ち着いている。

容量700ml・アルコール度数46度

ポールジョン エディテッド

ポールジョン エディテッド

バーボン樽にて5~6年の熟成。

香りは蜂蜜、ココア、スモーキーさとエスプレッソ。味わいは大麦の草の香り、ピート。フィニッシュは長く続く。

容量700ml・アルコール度数46度

ポールジョン ボールド

ポールジョン ボールド

バーボン樽にて5~6年の熟成。

香りは絹のような滑らかさ、蜂蜜、スパイスの香り。味わいは糖蜜のような甘さ、ピートのニュアンス。フィニッシュには繊細で複雑なスパイス、スモーキーなモカ。

容量700ml・アルコール度数46度

ポール・ジョンのおすすめの飲み方

ストレート カクテル

ポール・ジョンのおすすめの飲み方はストレート、バーボン樽由来の蜂蜜感が味わえます。少し加水すれば更に甘い香りが広がります。
またロックやハイボールにしても飲みやすく美味しいです。

バーボン樽感が非常に感じられるのと、蜂蜜、サトウキビの甘い風味が最高じゃよ。
えのき先生
えのき先生

ポール・ジョンの選び方

ポールジョンが気になった方は何から購入すれば良いのかというと、ニルヴァーナ、ブリリアンス、エディテッド、ボールドは比較的購入しやすいボトルですが、おすすめはクラシックもしくはピーテッド。

アイラファンならピーテッド、ハイランドファンならクラシックがおすすめです。

スモーキーファンならポールジョン エディテッドをまずチャレンジしてみるんじゃ。
えのき先生
えのき先生

えのき商店STAFFより

熟成年数は5~7年と若いですが、熱帯ゆえに熟成スピードが早く十分熟成感を感じられます。ジム・マーレィ著「ウイスキーバイブル」でも非常に高得点で評価も高い。

スコッチ、バーボン、ジャパニーズといった王道や台湾ウイスキーをある程度嗜んだ方は是非インドウイスキーに挑戦してみてはいかがでしょうか。

グレンモーレンジ 18年
ロイヤルサルート-21年 青

榎商店の各店舗はこちら

 

\在庫切れの場合はTwitterや各ショップのメルマガをご登録下さい/