スペイサイドウイスキーの特徴とおすすめ銘柄

スコットランドで造られるウイスキー(スコッチ)の中でスペイサイドで造られているスペイサイドウイスキーの特徴や歴史、そしておすすめの銘柄をご紹介していきます。

スペイサイドウイスキーの産地と歴史

スコッチ2大聖地の一角を担うのがスペイサイド。現在60以上の蒸留所が稼働しているから驚きです。位置としてはスコットランドの北部、大きく言えばハイランドの中にあるがスペイサイドと分けられているのはそれほどに盛んだからです。

スペイサイドには有名銘柄を排出している蒸留所も非常に多く、シングルモルトスコッチの販売数1位〜3位を独占している状態です。

スペイサイドとアイラはスコッチの2大聖地として非常に人気の銘柄が沢山あるんじゃ。
えのき先生
えのき先生
ちーたくん
ちーたくん
シングルモルトスコッチの販売数1位〜3位を独占は凄いにゃ
販売数の上位を独占しているのにはスペイサイドらしさが関係しているんじゃよ。
えのき先生
えのき先生

スペイサイドウイスキーの特徴

スペイサイドの特徴を一言で説明すると、フルーティで飲みやすい銘柄が非常にお多いというのが特徴です。飲みやすくハイボールにも合うので日本でも多くの方に飲まれています。

販売数の上位3つはグレンフィディック、ザ・グレンリベット、マッカランで、日本での輸入数の1位はマッカランだそうです。

飲み心地の良さは群を抜いていて爽やかなフルーティ系やシェリー樽熟成のどっしりとしたものまで飲みやすく初心者から上級者にまで好かれているんじゃ。
えのき先生
えのき先生

スペイサイドウイスキーおすすめ銘柄

ではスペイサイドウイスキーをこれから飲み始めるという方からスペイサイドウイスキーじゃなきゃ駄目だという方までおすすめできる銘柄を紹介しよう。
えのき先生
えのき先生

マッカラン 12年 ダブルカスク (700ml・40度)

マッカラン ダブルカスク

その馥郁(ふくいく)とした香味から“シングルモルトのロールスロイス”とも評されるシングルモルトウイスキー「ザ・マッカラン」から、アメリカンオークシェリー樽原酒とヨーロピアンオークシェリー樽原酒をヴァッティングした「ザ・マッカラン ダブルカスク12年」

「ザ・マッカラン」らしい“芳醇さ”と、バニラを思わせるような香りや滑らかな甘みのあるバランスのとれた味わいが特長です。

グレンファークラス 12年 (700ml・43度)

グレンファークラス 12年

グレンファークラスはピートによるスモーキー・フレヴァーがしっかり備わり、さらに全てをシェリー樽で熟成させるので、香味が濃厚で典型的なフルボディ・タイプのモルト。

12年は爽やかなシェリー香とピートのスモーク香が特徴。鮮やかなアンバーゴールド。 シェリー漬けのフルーツを彷彿させる、フレッシュで豊かな香り。 甘みとスパイシーさが絶妙のバランスです。

ベンロマック 10年(700ml・43度)

ベンロマック 10年

深いシェリーの香りが様々な香りと一緒に感じられる。

フルーツとナッツのチョコレート、繊細なスパイス、青リンゴ、麦芽のビスケット、かすかなピートと煙の香り。果汁たっぷりのラズベリー、シェリー、クリーミーな麦芽に加え、ほのかにピート香が感じられる。

グレンフィディック 12年(700ml・40度)

グレンフィディック 12年

「グレンフィディック12年」は、世界で初めてシングルモルトウイスキーとして売り出した、シングルモルトのパイオニア。

アメリカンオークとスパニッシュオークの樽で最低12年間熟成し、新鮮な洋梨のようなフルーティな香りと、微量の樽香がもたらす複雑で上品な味わいが特長のウイスキーです。

ザ・グレンリベット 12年(700ml・40度)

グレンリベット 12年

ザ・グレンリベット12年は、アメリカン・オークやヨーロピアン・オークなどの樽で熟成されます。

アメリカン・オークで熟成するとバニラ風味が醸し出され、ウイスキーは明らかにスムースになります。

ザ・グレンリベットのマザーウォーターであるジョージーの湧水から得られるミネラル分豊富な水により、ザ・グレンリベット12年を特徴づけるフレーバーを形成するマッシングと発酵の工程で、最高の結果が保証されます。

アベラワー 10年 フォレスト リザーブ(700ml・40度)

アベラワー 10年 フォレストリザーブ

スペイ川沿いのアベラワーの村で1826年から創業。

バーボン樽とシェリー樽で熟成されたモルト原酒を、コニャックの熟成に使用されるフレンチリムーザンオーク樽でフィニッシュさせた逸品です。

グレンキース1993 23年(700ml・52.6度)

グレンキース1993 23年 ウイスキーマガジン エディターズチョイス

ウイスキーマガジンならではの独自のネットワークと専門家の目利きにより厳選されたハイクオリティーなシングルカスクモルト。

グレンキース1993はホグスヘッドの23年熟成。シングルカスク、カスクストレングスでボトリング。複雑な広がりから一転し、小気味よく切れ上がる変化の面白いシングルモルトです。

バルヴェニー 12年(700ml・40度)

バルヴェニー 12年 ダブルウッド

バーボン樽で熟成後、シェリー樽に詰めかえ後熟。2種の樽による絶妙なハーモニー。

赤みを帯びた深い琥珀色で、甘く繊細な熟成香があります。深みのある力強いコクがあり、後味にはシェリー樽由来の豊かな余韻が残ります。

グレンアラヒー 12年(700ml・46度)

グレンアラヒー12年

バーボン樽で熟成後、シェリー樽に詰めかえ後熟。2種の樽による絶妙なハーモニー。

赤みを帯びた深い琥珀色で、甘く繊細な熟成香があります。深みのある力強いコクがあり、後味にはシェリー樽由来の豊かな余韻が残ります。

カーデュ 12年(700ml・40度)

カーデュ 12年

ライトタイプでやや甘みを帯びた上品な香味と、スムースでメローな味わいは、モルトの入門編、あるいは女性向きのモルトとしてぴったりです。

フィニッシュはやや辛口でスパイシー。華やかな甘さはまさにスペイサイドのシングルモルト・ウイスキーらしい特徴です。

ノッカンドゥ 12年(700ml・43度)

ノッカンドゥ 12年

それぞれのボトルには同じシーズンに蒸留したシングルモルトしか詰められていません。このようなシングルモルトは他にはほとんど全くといっていいほど無く、ノッカンドゥの際立った個性となっています。

スペイサイドの中でも特にデリケート、フルーティで繊細な味わいを持ち、スムーズではありますが、花のような香り、ナッツのような香り、そしてかすかなスモーキーさが何層にもなって複雑に絡み合います。

クラガンモア 12年(700ml・40度)

クラガンモア 12年

卓越したシングルモルトの産地として、また鮭の釣り場として広く愛好されてきたスペイサイドを代表する蒸留所。創設者ジョン・スミスが設計した、上部が平たい独特のポットスチルがエレガントなウイスキーを生み出します。

その極めて複雑な香りと味わいは、上部の平らなポットスチルを採用したことで生まれたものです。花や果物の香りと、甘くウッディなスモーキーさが際立ち、洗練さと複雑さを兼ね備えています。

スペイサイドウイスキーの選び方

わかば
わかば
スペイサイドウイスキーのまず最初の1本としておすすめなのは?
スペイサイドにはスコッチ初心者のための最初の1本でよくおすすめされるのが、グレンフィディックとザ・グレンリベットなんじゃ。
えのき先生
えのき先生
ちーたくん
ちーたくん
どういった特徴なのかにゃ?
スッキリとライトな飲み口で非常に飲みやすいんじゃ。またスモーキーとフルーティのど真ん中に位置する銘柄としてもおすすめできる
えのき先生
えのき先生
わかば
わかば
それらを試したあとはどうすればいいの?
グレンフィディックやグレンリベットを飲んでみてウイスキーが美味しいと感じらた、更に長期熟成のものを選んでもいいし、グレンファークラスやマッカランを選んでシェリー系のよりフルーティなものを選ぶか、ボウモア等のスモーキー系を試すと、自分の好みが分ってくるんじゃよ
えのき先生
えのき先生
ちーたくん
ちーたくん
なるほど、シングルモルト初心者にはまずグレンフィディックかザ・グレンリベットがいいにゃ

こちらも読まれています

ウイスキー 商品一覧はこちら