ウシュクベリザーブの味やおすすめの飲み方をご紹介

ウシュクベはゲール語で「生命の水」と名付けられたブレンデッドスコッチの「ウシュクベリザーブ」。
ここではウシュクベリザーブの味の特徴や飲みながら話せるウンチクなどをまとめてみます。

ウシュクベリザーブの歴史や原酒

ウシュクベが製造された1768年当初はシングルモルトとして作られていましたが、その後1842年から経営者が代わりヴァテッドモルトとなり、1904年以降の所有者がモルトに少量のグレーン・ウィスキーを加え、ブレンデッド・ウィスキーを作り出しました。

ウシュクベー・リザーブは、10年から18年熟成の25種以上の原酒を使用し、モルト含有率60%という贅沢な比率であるうえ、さらに最低6ヶ月間シェリー樽でマリッジさせています。

25種類以上の原酒をブレンドすることと、シェリー樽で仕上げることでまろやかな味なんじゃ。
えのき先生
えのき先生

ウシュクベリザーブの味の特徴

ウシュクベ リザーブ

ウシュクベリザーブのテイスティングノート

  • 色:濃い赤みを帯びた琥珀色
  • 香り:ベリー系の甘味を伴う香りと麦芽の香り
  • 味わい:フルーティでとろみのある甘み

熟した果実、焦げたカラメルの香りが時間とともに、様々な香りが重なり合いながら広がりを見せる。

容量700ml・アルコール度数43度

ウシュクベリザーブのおすすめの飲み方

ウシュクベリザーブのまろやかさや上質な甘みを味わうのにストレートやロックがおすすめの飲み方です。

もちろんハイボールで飲んでもいいんじゃが、ウシュクベの上品な甘さはストレートの方が感じやすいんじゃ
えのき先生
えのき先生

ウシュクベリザーブの選び方

ウシュクベはブレンデッドウイスキーの中では若干高額となっていますが、その上品な風味は是非一度試して頂きたい。

様々なブレンデッドウイスキーを飲んでみて、次の1本を探している方におすすめ。同価格帯にバランタインの17年等と並ぶ理由も10年から18年熟成の25種以上の原酒を使用しているからであり、その評価も非常に高い銘柄です。

ノンエイジでは高額の方にはなってしまうが、入手もそれなりに難しく価値ある1本じゃ。
えのき先生
えのき先生

えのき商店 STAFFより

この記事を見ている方は様々なスコッチのブレンデッドウイスキーを飲んだことがある方だと思います。
ウシュクベリザーブは店舗ではなかなか見かけにくい銘柄となっています。

ウィットリーニール
chivasregal-18

榎商店の各店舗はこちら

酒好きの血が騒ぐ えのき商店amazon店

 

\在庫切れの場合はTwitterや各ショップのメルマガをご登録下さい/

ウイスキー 商品一覧はこちら