ジェームス-イーディー-トレードマークX-ファーストエディション入荷情報【榎商店】

ジェームス イーディー トレードマークX ファーストエディションが榎商店でも販売開始です。まずは「ジェームス イーディー トレードマークX ファーストエディション」はどういったボトルなのかを解説してみたいと思います。

ジェームス イーディー トレードマークX ファーストエディションとは

独立系ボトラーである「ジェームス イーディー」よりリリースされたブレンデッド・スコッチ・ウイスキー「トレードマークX」。

ジェームス イーディは元々スコットランド出身の醸造業者であったジェームス イーディ氏が1854年に発売し、その後1947年に終売。そして玄孫であるルパートが2017年に復活させました。

ルパートが当時の古いボトルを入手した事がきっかけで、当時のブレンドを19世紀当時の記録と第二次大戦中のボトルを参考に作り上げました。

ジェームス イーディー トレードマークX ファーストエディションの特長

ブレンドに使われる原酒はカリラ、アベラワー、クライゲラヒ、タリスカー、グレンドロナック、ラガヴーリン他、閉鎖蒸溜所であるカンバスとリトルミルを含む12の蒸溜所のシングルモルトと2種のグレーンウイスキーを使用。

そして復活後2020年の東京ウイスキー&スピリッツコンぺティション(TWSC)で銅賞に輝いています。

テイスティングノート

香り:ピートスモーク、サルタナレーズン、バニラ、シェリー、グラッシー。
味わい:洋梨、アプリコット、穏やかなピートスモーク、ブルーベリーチョコレート、キャラメル。

ジェームス-イーディー-トレードマークX-ファーストエディション

榎商店STAFFより

ジェームス イーディー トレードマークX ファーストエディションはシングルモルトファンにも非常に評価の高いブレンデッドスコッチです。

原酒に使われるモルトを見てもわかるように、人気の銘柄が多く使われ、また閉鎖蒸留所のカンバスとリトルミルも使用されています。

普段はなかなか見かけることがないボトルかと思います。たまには違ったボトルを楽しみたいという方に非常におすすめできる1本となっています。

記事を公開するタイミングと榎商店各モールの販売開始にタイムラグが若干あるかもしれませんが、即購入したいという方は榎商店各モールにて再入荷通知の設定をすることで、販売開始の通知が届きますのでご利用下さい。

ウィットリーニール
chivasregal-18

榎商店の各店舗はこちら

酒好きの血が騒ぐ えのき商店amazon店

 

\在庫切れの場合はTwitterや各ショップのメルマガをご登録下さい/

ウイスキー 商品一覧はこちら