カリラの種類と味やおすすめの飲み方をご紹介

アイラモルトの中ではボリューミーで飲みごたえ抜群。魚料理にも合うカリラ。ここではカリラの種類やその味、おすすめの飲み方やウンチクをご紹介します。

カリラの歴史と蒸留所

1846年にアイラ島の北部の海峡沿いに建てられ、カリラの名前の由来はゲール語でCaol(海峡)Ila(アイラ島)からCaolilaとなりました。

現在6基のポットスチルで年間生産量は650万リットルとアイラ島最大です。

カリラは当初ジョニーウォーカー等のブレンド用でしたが、2002年以降シングルモルトとしてリリースされ入手しやすくなりました。

カリラ蒸留所で使われる水はピート色の濃い軟水。また麦芽はポートエレンから調達されておる。
えのき先生
えのき先生

カリラの種類と味の特徴

カリラはピートが効きスモーキー。
その中にシガーやハーブしそしてナッツを感じる。
どちらかといえば辛口のオイリーな味。
えのき先生
えのき先生

カリラ12年

カリラ12年

カリラの中ではスタンダード。スモークハムや麦のアロマの中に梨や巨峰の果実香、舌に塩っ気を感じつつも口全体には甘さ、バニラが広がる。冒頭でも書きましたが魚料理にも合います。

香りはバニラ、ピーチ、クリーム、マンダリンとレモン。味わいは蜂蜜で優しく撫でるネクターのよう。

容量700ml・アルコール度数43度

カリラ18年

カリラ18年

12年に比べ甘さフルーティさが強くなっています。まろやかな口当たりとバタースコッチやドライフルーツのような甘味の中にもスパイシーさを感じる。香りはスモーク香にバニラ香。

非常に希少なボトルでなかなか入手は困難である。

容量700ml・アルコール度数43度

カリラ25年

カリラ25年

カリラ蒸溜所から限定発売されたカリラ25年、流通量が少なく入手は困難である。
カリラ独自のスモーキーさに長期熟成ならではのフルーティな甘さの余韻が長く続きます。

容量700ml・アルコール度数43度

カリラ ディスティラーズ エディション

カリラ-ディスティラリーエディション

カリラ・ディスティラーズ・エディションはモスカテル・シェリー樽による2段熟成。
モスカテル・シェリー樽による重厚な芳香さと、辛口な味わいのバランスは絶妙です。

容量700ml・アルコール度数43度

カリラのおすすめの飲み方

ロック カクテル

カリラはリッチでスモーキー。飲み方はロックがおすすめ。
しかし海鮮BBQ時に凄く合うので、そんな時はハイボールでもOK。

カリラに合うおつまみ

カリラ12年は魚介類の料理との相性が抜群。上記であげた海鮮BBQはもちろんですが、スモークサーモンやホタテバターさらには牡蠣にもあいます。

カリラ25年はチーズとの相性がバッチリ。ロックでチーズをおつまみにゆっくりと飲むのが至福の時間です。

浜辺でのバーベキューには欠かせない1本。
スモーキーさとソルトフレーバーが堪らないんじゃ。
えのき先生
えのき先生

カリラの選び方

カリラの選び方としては、やはりスタンダードのカリラ12年。その後カリラ18年やカリラ25年といきたい所ですが入手し難いボトルなので、ラガヴーリン等をチョイスしてみるといいかも。

故マイケル・ジャクソンが自著でも取り上げた事でも知られておる。
12年の味わいはしっかりとスモーキー、そしてハーブやナッツといったスパイシーさも持っているんじゃ。
えのき先生
えのき先生

えのき商店STAFFより

カリラは人気の銘柄ですね。カリラだけでなくアイラモルトの評判がすごく良いんです。ハイボールにした時のドライでキリッとした印象とピート香はアイラ初心者にまず試して頂きたい1本としてはボウモアよりもピート香が強い分わかりやすいかなと思います。

品切れになりやすい銘柄ですので、再入荷通知や各ショップメルマガ、Twitter(@enokishouten)のフォローして頂けますと入荷情報等もアップしています。

最後に今回紹介しましたカリラ12年について、当店スタッフが動画をアップしているので是非ご覧になって下さい。

グレンモーレンジ 18年
ロイヤルサルート-21年 青

榎商店の各店舗はこちら

 

\在庫切れの場合はTwitterや各ショップのメルマガをご登録下さい/