「秘密のアイラモルト」フィンラガンの種類や味の特徴

フィンラガンは「ザ・ヴィンテージ・モルト・ウイスキー社」によって瓶詰めされた所謂ボトラーズ銘柄です。ではフィンラガンとは一体どういったモルトなのかを解説していきます。

ザ・ヴィンテージ・モルト・ウイスキー社とは

ボウモア蒸溜所で20年以上ゼネラル・マネージャーとして研鑚を積んだブライアン・ルック氏によって、1992年グラスゴーのバーズデンに創業。現在約20ヶ国にウイスキーを輸出している。

樽職人の事を「クーパー」と呼ぶが、ラベルに樽造りの様子が描かれたこのシリーズは、同社を代表するブランドであり、氏によって選び抜かれた個々の樽ごとにカスク・ストレングス、46度または43度でボトリングされています。

「フィンラガン」とはアイラ島にあった古城“フィンラガン城”に由来するんじゃ。
えのき先生
えのき先生

フィンラガンの種類と味の特徴

フィンラガンアイラにあるどこかの蒸留所のシングル・モルト。どの蒸留所かは明らかにされていない。 そのため「秘密のアイラモルト」と呼ばれているんじゃ。
えのき先生
えのき先生

フィンラガン オールドリザーブ

フィンラガン オールドリザーブ

香りはわずかなピーナツと薬品、マヌカハニーとダイジェスティブビスケットの香り。味わいは甘いシリアル、大麦の麦芽、かすかにピートの煙、ナツメグとジンジャーの味わい。

容量700ml・アルコール度数40度

フィンラガン オリジナルピーティ

フィンラガン オリジナルピーティ

香りは強烈なヨード香、そしてピート香。味わいはスモーキーで独特の塩辛さの中にフルーティでエレガントな味わい。

容量700ml・アルコール度数40度

フィンラガン カスクストレングス

フィンラガン カスクストレングス

どの蒸留所かを想像しながらじっくり味わって飲むのがこのモルトの飲み方です。

香りは力強いヨード香とスモーキーさ。味わいはスモーキーで独特の塩辛さの中にフルーティでエレガントな味わい。

容量700ml・アルコール度数58度

フィンラガンのおすすめの飲み方

フィンラガンは「オールドリザーブ・オリジナルピーティ・カスクストレングス」の3種共にロックやトワイスアップがおすすめ。

特にカスクストレングスはアルコール度数が強いので加水で飲むのがいいでしょう。

フィンラガンの面白いのはアイラ島のいずれかのモルトというのはわかっているが、銘柄は分からない点。想像しながら飲むのがいいんじゃよ。
えのき先生
えのき先生

えのき商店STAFFより

噂によるとフィンラガンは「カリラ蒸留所のモルト」と言われていますが、アイラウイスキー好きの方ならわかるはずなので是非一度ボトラーズも楽しんでみて下さい。

既にアイラの様々な銘柄をストックされている方は飲み比べをしても面白そうですね。

最後にフィンラガンの解説動画を当社スタッフがYoutubeにアップしているので、是非御覧ください。

こちらも読まれています

ウイスキー 商品一覧はこちら