ジョニーウォーカーブラックラベル12年 シェリーエディション レビュー

ジョニーウォーカーブラックラベル12年 シェリーエディションを買ってきました。基本的に私はジョニーウォーカー大好きなんで期待大です。

今回も飲んでみた感想をテイスティングコメントを真似ながら書いてみたいと思います。

ジョニーウォーカーブラックラベル12年 シェリーエディションの感想

このボトルですが結構長らく見かけているのですが、一応ジョニ黒からの数量限定品なんですね。通常のブラックラベルにシェリー樽で熟成した原酒を取り入れているようです。

キーモルトを見てみるとブレアアソール、カーデュ、ストラスミルの蒸留所の名前が出てきました。当然ながら全て12年熟成以上のものですね。

では早速ですがと飲む前に公式のテイスティングノートを参考にしてみましょう。

公式テイスティングノート

「ブラックラベル」と同じクオリティを全て揃えつつ、シェリーカスクで熟成された原酒によりリッチでフルーティでより親しみやすいフレーバーを加えています。

スモーキーさをはじめ、甘み(フルーティさ)、12年熟成による樽香(ウッディさ)などのフレーバーは、多彩な原酒をブレンドした「ブラックラベル」が持つ複層的で豊かな味わいです。 果樹園のような複雑で新鮮なフルーツ、甘いバニラ、柔らかなスモークを組み合わせたテイストを生み出しています。シェリー樽で熟成した原酒を取り入れることでプラムやイチジクのようなフルーティーな味わいと、ダークチョコやコーヒーを連想させる余韻が長く続くブレンドが完成しました。
引用元:Johnnie Walker Black Label Sherry Edition | Johnnie Walker

では実際に飲んでみた感想を書いてみます。

ジョニーウォーカーブラックラベル12年 シェリーエディション ストレート

ジョニーウォーカーブラックラベル12年 シェリーエディション ストレート

香りはバニラ、甘いフルーツの香りの中にスモーキーさを感じます。スモーキーさといっても控えめで、コーヒーっぽい香りの方が強い気がします。

味わいはバニラとイチジクのようなフルーツ感、そして余韻にダークチョコ、カカオを感じます。ほんのりとスモーキーさが鼻を抜けますね。まろやかな口当たりで甘味も強く飲みやすいです。

ストレートで凄く美味しいですね。ジョニ黒をさらに甘くまろやかにした感じでしょうか。余韻は若干のビターさが心地良いですね。

ジョニーウォーカーブラックラベル12年 シェリーエディション ハイボール

ジョニーウォーカーブラックラベル12年 シェリーエディション ハイボール

ハイボールにしても甘味は残ります。
甘味と酸味のバランスがよく、微かに現れるスモーキーさが心地良いですね。ジョニ黒よりも甘いので食中酒よりも食後にフルーツやチョコを食べながら飲むのに向いている気がします。

ハイボールにしても普通に美味しく飲めますね。

最後に私的総評

これで3000円台の価格はありがたいですね。
ジョニ黒好きの方は購入しても失敗はないと思いますね。ただジョニ黒にさらに1000円足してと思うとジョニ黒でいいかなとも思います。

シェリーエディションはストレート、ハイボールとも甘味が強く、まろやかで飲みやすい。まだ試してはいないのですが、ハイボールよりもロックで飲んだほうが美味しいような気がします。

食中酒としてハイボールで飲むならジョニ黒やダブルブラックの方が良い気がします。

それにしてもジョニ黒の派生ボトルは優秀ですよね。ダブルブラック、シェリーエディション、そしてオリジンシリーズとどれを取っても後悔しない美味しさとおすすめできるくらい私は好きですね。とは言えオリジンシリーズはスペイサイドオリジンしか飲んでませんが。

ジョニーウォーカー ブラックラベル 12年 シェリーエディション 700ml

ウィットリーニール
chivasregal-18

榎商店の各店舗はこちら

酒好きの血が騒ぐ えのき商店amazon店

 

\在庫切れの場合はTwitterや各ショップのメルマガをご登録下さい/