ジントニックにおすすめのジン【2022年夏】

暑い日に飲みたいものといえばハイボール!・・・と以前の記事に書きましたがハイボール以外にもおすすめなのがジン。

そしてジンの飲み方として一番有名なのがジントニックです。氷を入れたグラスにジンとトニックウォーターを注ぎ、ライムを飾る。喉越しスッキリで暑い日にぜひ飲んでみたい飲み方です。今回はそんな爽快感たっぷりなジンのおすすめ銘柄をピックアップ!

今年の夏こそおすすめの銘柄5点と定番品5点を独断と偏見を含めて選んでみました。

記事の最後にジントニックに使えるおすすめのトニックウォーターも紹介していますのでお見逃しなく!

今年の夏はコレで決まり!おすすめジン5選

モンキー47 ア ベイシング エイプ エディション

モンキー47-ア-ベイシング-エイプ-エディション

モンキー47とファッションブランドとのコラボレーション商品。

特別に選ばれたマルベリー樽で熟成させ、ノンチルフィルタードで瓶詰した「モンキー47 バレルカット」は年に数回の少量生産で丹念に手作りされた一品です。

中身はモンキー 47 ドライ・ジンと同じですが、ベイシング エイプ エディションが入手できるのは今だけです。

容量500ml・度数47度

マルフィ ジン コン リモーネ(レモン)

マルフィ ジン リモーネ

世界一美しい海岸として知られるイタリアのリゾート地、アマルフィ産のレモンを使用。

ロックやジントニックはもちろん、マティーニやネグローニなどのカクテルに加えてお楽しみいただけます。

容量750ml・度数41度

ローンウルフ ジン

ローンウルフ ジン

ラベルに精悍な狼の絵が目を引く「ローンウルフ ジン」。

ジュニパーベリーの風味がしっかりと感じられ、樹脂のような松の葉のキャラクターが味わいに奥行きを与え、レモン、グレープフルーツのフルーティさ、ラベンダーのフローラルなアロマにコリアンダーのアクセントが加わります。

ジントニックでピンクグレープフルーツを使用すると更にローンウルフ ジンの味わいを際立てます。

容量700ml・度数40度

エンプレス 1908 ジン

エンプレス 1908

バタフライピーの花を使った珍しいジン。最大の特徴はトニックウォーターを注ぐと青紫色からピンク色に変化。

はじめはアルカリ性溶液のため青色ですが、そこにトニックやライム、グレープフルーツなどを加えて酸性にすることでアントシアニン色素が反応し、淡いピンク色へと変化します。

暑い日に美味しく飲めますし、フルーツで飾り付けて酸味で色の変化を楽しむなどSNS映えも抜群です。

容量750ml・度数42.5度

槙 KOZUE ジン

槙

コウヤマキの葉、温州みかんの皮、レモンの皮、山椒の種等の和歌山素材とジュニパーベリーを組み合わせた和歌山県産クラフトジンです。

香り高く、森を感じるジン。ジントニックはもちろんのことジンソーダやブロンクス等様々なカクテルに使えるのが特徴です。

2022年4月25日にはフジテレビにて特集が放映されるなど今大注目のジンでもあります。

容量700ml・度数47度

ジンといえばコレ!大定番ジン5選

ボンベイ サファイア

ボンベイサファイア

世界中から愛されているボンベイサファイア。

通常のジンでは、香りをつけるのにジュニパーベリーを中心とした4~5種類のボタニカル(植物)しか使用されませんが、ボンベイサファイアは世界各国から集められた10種類のボタニカルが使用されているんです。

おすすめの飲み方はジントニックの他にポカリスエットやアクエリアス割りがおすすめ!さっぱりした苦味と甘味のバランスが素晴らしいですよ。

容量750ml・度数47度

ザ ボタニスト アイラ ドライジン

ボタニスト

ザ・ボタニストはアイラ島で製造されるクラフトジンです。

ボタニカルの数は22種類で、これらはすべてアイラ島で採取されるものを使用しています。

苦味やスパイシーさは控えめでさらっとしたほのかな甘味が特徴的です。

容量700ml・度数46度

サイレントプール ジン

サイレントプール

美しいボトルが目を引くサイレントプールジン。花系のフレーバーを活かしているのが最大の特徴で、香りはまるで「香水だ」と称されることもあるほど華やか。

花系フレーバーが多く使用されており、やや軽快ながらもシトラスの風味が広がり、その中にほのかに甘みも感じものとなっています。全体的にスッキリしており、ジンの中でもとりわけ飲みやすいです。

2022年東京ウイスキー&スピリッツコンペティションでも金賞受賞をはたしています。

容量700ml・度数43度

香の森

香の森

深く静寂な日本の森をイメージしたクラフトジン。

日本固有の香木クロモジを主役としたボタニカルの香りが氷が溶けるのとともに華やかにひらきます。豊かな森の香りから、根や葉からくる深く甘い香り、スパイスの余韻まで。

容量700ml・度数47度

ジンクス オールド トム ジン

ジンクス オールドトムジン

可愛らしいトムキャット「ジンクスくん」が描かれたボトルに、オレンジフレーバーと控えめな甘さが特徴のニュースタイル オールドトム・ジン。

おすすめの飲み方は「さわやか猫カクテル」。ソーダやトニックウォーター、ダージリン無糖紅茶やアップル100%ジュースなどで割って飲んでみてください。

仕入れを行っているジャパンインポートシステムさんのwebサイトにはお酒の特徴や飲み方の他、黒猫ジンクスくんのショートアニメや自由にダウンロードできるイラストも掲載しており非常にユニークです!

味だけでなく視覚的にも創造性も楽しめる非常に面白いジンです。

容量700ml・度数43度

公式サイトはこちら

公式サイトはこちら

おすすめの飲み方

ジントニック カクテル

今回紹介した銘柄で共通して美味しく飲める方法は、ジンの王道である「ジントニック」です。

ジンとトニックウォーターを1:3の割合で注ぎ、お好みでレモン又はライムのスライス(6/1程度)で風味づけで楽しんでみて下さい。

その他には冷えたグラスに氷を入れ、ジンと炭酸水で割る、ジンソーダもおすすめです!

えのき商店STAFFより

ジンでも定番のタンカレー ナンバーテンやヘンドリックスも入れようか悩んだのですが、今回は夏向けということで爽やかでフルーティかつジントニックを楽しめるジンを抜粋しました。

中でもモンキー47 ア ベイシング エイプ。中身はモンキー47バレルカットと同様ですが数量限定の特別ボトルでいずれ手に入れられなくなります。

ぜひ自分のイチオシを見つけてみてくださいね。

おまけ:ジントニックに使えるおすすめトニックウォーター

最後にジントニックを美味しく楽しめるトニックウォーターをご紹介します。どちらも定番で手に入れやすい商品です。

ウィルキンソン トニック 強炭酸

アサヒ飲料からでている甘味と苦味のバランスが良いトニックウォーターです。

強炭酸のため、爽快感が欲しい場合にオススメです。

比較的店舗でも見つけやすいです。店舗で見つからない場合は通販での購入がおすすめです。

サントリー トニックウォーター

サントリーからでているトニックウォーターで、爽やかな柑橘系の香りとスッキリとした苦味が特徴です。

200mlサイズなので少し飲みたいな~と思ったときにも使いやすいです。

もちろんそのまま飲んでも美味しいので1ケースを家に置いておくのもアリかもしれません。

香の森
サイレントプール

榎商店の各店舗はこちら

 

\在庫切れの場合はTwitterや各ショップのメルマガをご登録下さい/