ワインカスクブレンド レビュー

もう終売なんて噂も耳にする、みんな大好き「ジョニーウォーカー ワインカスブレンド」。こちらはブレンダーズバッチといって「エイミー・ギブソン」がワインのように食事やデザートとのマリアージュを楽しめるようにとブレンドしたウイスキーです。

今回も飲んでみた感想をテイスティングコメントを真似ながら書いてみたいと思います。

ジョニーウォーカー ワインカスクブレンドの感想

ジョニーウォーカー ワインカスクブレンドはブレンデッドウイスキーでワイン樽で熟成した原酒がブレンドされています。ちなみ使われている原酒としては、ローズアイルやキャメロンブリッジ等だそうです。

では公式のテイスティングノートを参考にしてみましょう。

公式テイスティングノート

ワインカスクブレンド テイスティングノート

公式ページというのではなく、今回は箱裏に書かれている内容の翻訳になります。

まず面白いのがピーティ、モルティという部分のチャートが限りなく0になっている点に注目してみました。要はフルーティさとウッディさを楽しむボトルというのが見て取れます。

LIVELY AND FRESH WITH A SWEET TOFFEE FINISH. BEST MIXED LONG AND SIPPED AS THE SUN SET.

これの意味を考えてたのですが難しくないですか?「生き生きとしたフレッシュさ、そして甘いトフィーがフィニッシュに。」とここまでは何となく見て取れるのですが、問題はここからで「サンセットにベストミックスを長くすする?」う〜ん難しい。

では実際に飲んでみた感想を書いてみます。

ジョニーウォーカー ワインカスクブレンド ストレート

香りはアルコール感はさほど感じませんが皆無ではないです。フルーティな香りと蜂蜜のような甘さ、そして少しスモーキーさも感じますね。

味わいはやわらかな飲み口で白ぶどうかな、少し酸味のある甘いフルーツとビターさが感じられます。最後には少し樽からのスパイシーさ感じますね。

率直にこの価格でストレートで凄く美味しいというのは凄い。

ジョニーウォーカー ワインカスクブレンド ハイボール

ワインカスクブレンド ハイボール

基本私はほぼほぼハイボールで飲んでました。
ハイボールでも甘みはすごく感じられビター感はあるものの、苦味とは思わない飲みやすさがあります。最後に若干のスパイシーさタンニンによるものなのか、ウッディ感なのかは私には分かりませんが、総じて飲みやすいですね。

ちょっと甘めのハイボール好きの方におすすめ。特に女性に好まれる味わいではないでしょうか。

最後に私的総評

2000円以下の価格を考えるとお得なボトルだと思います。女子の飲み会の初めてのウイスキーやワインを普段飲んでいる方でウイスキーを飲み始めるのにもおすすめかな。

ただ2019年は8000ケースの限定だったのですが、そろそろ無くなるという噂もでているボトルなので、購入するなら早めが良いかもしれませんね。

ちなみにジョニーウォーカー ワインカスクブレンドのおすすめの飲み方が公式で紹介されていて、それは箱に書かれている「ワインカスクスピリッツ」と「ワインカスクサングリラ」ですが、実はさらにもう一つジンジャエール割りもYoutubeで紹介されています。

榎商店の各店舗はこちら