KAVALAN ディスティラリーセレクトNo.1とNo.2 比較

KAVALANのディスティラリーセレクト シリーズのNo.1とNo.2を飲み比べてみました。どちらも美味しいんですが、飲み比べてみると違いがわかります。

KAVALAN ディスティラリーセレクトNo.1とNo.2のストレート比較

KAVALAN ディスティラリーセレクトNo.1とNo.2 ストレート比較

両方同じディスティラリーセレクトなんですが、No.1とNo.2で微妙に違っています。

No.1の方の特徴は香りはトロピカルフルーツ感が強めでNo.2の方はトロピカルフルーツの中にバニラ香も感じられます。バニラを感じる分、トロピカルフルーツ感はNo.1に比べて弱めかも。

でも味わいの中にNo.1でもバニラ感はあるんですよね。No.1はレーズンや酸味も若干感じます。そしてNo.2のほうが穀物の甘味を感じますね。

普段別々に飲むと、トロピカルフルーツの香りの印象で「ディスティラリーセレクトを飲んだ感」が出ちゃって、No.1とNo.2の違いを余り意識したことがなかったんですが、こうして飲み比べると結構違うんですね。

KAVALAN ディスティラリーセレクトNo.1とNo.2のハイボール比較

KAVALAN ディスティラリーセレクトNo.1とNo.2 ハイボール比較

ハイボールを飲み比べると、結構似てるんですよね。
ハイボールにした時の青りんごっっぽいフルーティさは両方に共通して感じまし、フィニッシュにかけてのビターさもよく似ています。

違いと言えば若干No.1の方が優しい甘味を感じたかも。No.2の方がキリッとスッキリのような気がしました。

どちらが好みだったか

ちょっとレーズンっぽさを感じるNo.1かバニラ感が比較的強いNo.2かで好みが分かれるんでしょうか。私はNo.2の方が好きですね。

ハイボールで飲むならそれほど違いは気になりませんが、ストレートですと結構違いますね。

KAVALANディスティラリーセレクトはKAVALANの入門用と紹介されることが多いですが、私の中では全然違うように思います。入門用なのは価格のお話でシングルモルトやコンサートマスターでも結構特徴は違うように思います。

ましてソリストになると全く違うものですから、それぞれの良さを楽しむという事でもディスティラリーセレクトも美味しく良いボトルですよね。

榎商店の各店舗はこちら

酒好きの血が騒ぐ えのき商店amazon店

\在庫切れの場合はTwitterや各ショップのメルマガをご登録下さい/