2000円台で買えるおすすめブレンデッドウイスキー5銘柄(スコッチ)

少し前に1000円台で購入できる飲みやすいブレンデッドウイスキー(スコッチ)を紹介しましたが、2000円台になるとグッとコスパの良い価格以上の味わいが楽しめるようになります。

あれこれと取り上げても仕方がないので、5銘柄に絞ってご紹介したいと思います。

ジョニーウォーカー ブラックラベルラベル 12年

ジョニーウォーカー ブラックラベル 12年

華やか且つスモーキーなブレンデッドとしておすすめするのが、ジョニ黒の愛称で親しまれる「ジョニーウォーカー ブラックラベルラベル 12年」です。

飲みやすさは勿論スコッチの売上本数No.1というのも納得の美味しさ。このクオリティで2000円台前半というのは素晴らしいですね。

また購入がしやすいという意味でも自宅で常備するのにおすすめです。

華やかな香りとほどよい甘さ、そして時間が経つにつれピーティさが顔をだします。

ジョニーウォーカー ブラックラベル(黒ラベル ジョニ黒)12年 700ml ブレンデッド スコッチ ウイスキー 40度

ブラック&ホワイト

ブラック&ホワイト

僅かにスモーキーさがあり、フレッシュでスパイシーな味わいと、飲み易くまろやかな口当たりです。

新鮮なグレーンがモルトの良さを最大限に引き立てており、スタンダードなブレンデッドウイスキーの中では古典的なタイプです。

ブラック&ホワイト ブレンデッド スコッチ 700ml ブレンデッド スコッチウイスキー 40度

バランタイン 7年

バランタイン 7年

こちらもジョニーウォーカー同様で1000円台にバランタインファイネストが出ていましたが、バランタイン7年もとても美味しいです。

スコッチの端正な熟成感とバーボン樽由来の芳醇な香りが融合した味わいを愉しめます。

オーク樽で7年以上熟成させた厳選モルト原酒を、バーボン樽で後熟する製法で仕上げました。

バランタイン 7年 700ml ブレンデッド スコッチ ウイスキー 40度

シーバスリーガル 12年

シーバスリーガル12年

3大ブレンデッドスコッチの一角として日本でも非常に人気の銘柄。

特徴はバニラとヘーゼルナッツの風味と共に、熟したりんごと蜂蜜の味わいが広がるクリーミーでまろやかな舌触り、長く柔らかな余韻。

上位のものにミズナラ樽で後熟したものがあり、当店での販売数も非常に多く人気が伺えます。

シーバスリーガル 12年 700ml ウイスキー ブレンデッド スコッチ 40度

ロバートバーンズ

ロバートバーンズ ブレンド

アランモルトをメインとしたブレンデッドウイスキーで、スムースな口当たりにドライな味わいと、かすかなピートスモークが特徴です。

気軽にお楽しみいただけるオールラウンダー。

香りはラズベリー、アーモンドタルト、トーストしたオークトフィー。味わいはドライ、りんご、リコリス、ピートスモーク、バニラ。

ロバートバーンズ ブレンド 700ml ブレンデッド スコッチ ウイスキー 40度

榎商店スタッフのイチオシ

今回紹介した中でおすすめというか注目したいのは「アラン」をキーモルトで使うロバートバーンズ。

今アランはSNSでも非常に高評価な銘柄で、多くの方に好かれているんだなぁと感じています。

そんなアラン蒸溜所の原酒をキーモルトとして使ったブレンデッドの味って知ってみたくなりますよね。

こうした意味でも今回1本を選ぶとするならば「ロバートバーンズ」にさせていただきました。

勿論今回紹介した5本全てが自信を持っておすすめできるものばかりです。

ただ2000円台となるとジャパニーズブレンデッドウイスキーにあのニッカウヰスキー「フロム・ザ・バレル」があるので、そうなるとおすすめは変わっちゃいます。

まぁそちらは今後記事していきますね。

榎商店の各店舗はこちら

酒好きの血が騒ぐ えのき商店amazon店

\在庫切れの場合はTwitterや各ショップのメルマガをご登録下さい/

ウイスキー 商品一覧はこちら