ヘーゼルウッドの種類と味やおすすめの飲み方をご紹介

モンキーショルダーのキーモルトであるキニンヴィ蒸留所のシングルモルトが使われた「ヘーゼルウッド」。ここではヘーゼルウッドの種類や味の特徴、そしてどんなウイスキーなのかをご紹介。

キニンヴィ蒸留所について

1990年に創業。グレンフィディック、バルヴェニー、ガーヴァンに続くウイリアム・グラント&サンズ社所有の蒸留所です。

場所はスペイサイドのグレンフィディック蒸留所・バルヴェニー蒸留所に隣接して建てられました。使用するモルトはノンピート麦芽を使用し、ほぼブレンデッド用の原酒でシングルモルトのリリースは珍しい。

ヘーゼルウッドはキニンヴィ蒸留所のシングルモルトとガーヴァン蒸留所のグレーンを使ったブレンデッドなんじゃ
えのき先生
えのき先生

ヘーゼルウッドの種類と味の特徴

キニンヴィ蒸留所のシングルモルトは記念ボトルしかなく、キニンヴィ蒸留所の原酒を使ったヘーゼルウッドを紹介する。
えのき先生
えのき先生

ヘーゼルウッド 18年

香りは鮮やかなバニラの甘さ。 繊細なオークは複雑な香り。味わいはソフトオークのクリーミーなタフィー。 長くエレガントな仕上がり。 親しみやすいが、熟成によって洗練されている。

容量500ml アルコール度数40度

ヘーゼルウッド 21年

香りはドライフルーツとスパイス、濃厚なフルーツケーキを思わせる甘さが特徴です。 加水するとバランスを変え、タバコの葉の微妙なヒントで複雑さを追加します。味わいはシナモン、クローブ、ウッディスパイス、ドライフィニッシュ。 加水はシェリー樽の影響を強調し、磨かれた革の甘い油性を引き出します。

容量500ml アルコール度数40度

ヘーゼルウッド 25年

香りはキャラメリゼされたブラウンシュガー、バニラ、カエデ、柔らかい香辛料、新鮮な草草のヒントを伴う。 背景に柑橘系のメモとオレンジ色の花が残る。味わいは活気に満ちたスパイスとバニラの甘さのエレガントな組み合わせ。 新しいオークからの長いドライフィニッシュ。

容量500ml アルコール度数40度

ヘーゼルウッドのおすすめの飲み方

ヘーゼルウッドはストレートもしくは少量の加水で調整して飲みましょう。

ロックやハイボールでも非常に美味しいんですが、希少で高額のため勿体ないですね。

甘く華やかなキニンヴィのシングルモルトはストレートでゆっくりと味わうんじゃよ。
えのき先生
えのき先生

ヘーゼルウッドをおすすめする方

ウイリアム・グラント&サンズ社のブレンデッドモルトであるモンキーショルダーが好きな方に、キニンヴィのシングルモルトを使って造られるブレンデッドウイスキーを飲んでみたい方におすすめ。

フルーティでフローラル。スペイサイドの特徴をしっかりと持った素晴らしいブレンデッドウイスキーです。

えのき商店 STAFFより

キニンヴィ蒸留所のシングルモルトは記念ボトルのみ販売で入手は非常に難しく、ボトラーズリリースもほぼないのかと思います。

そうした中でヘーゼルウッドはキニンヴィをキーモルトにガーヴァン蒸留所のグレーンで造られているので、キニンヴィの素の特徴を感じやすい。

もし購入されたらゆっくりと味わってください。

グレンモーレンジ 18年
ロイヤルサルート-21年 青

榎商店の各店舗はこちら

 

\在庫切れの場合はTwitterや各ショップのメルマガをご登録下さい/