ジョニーウォーカー12年-スペイサイドオリジンのキーモルトを知る

大人気ジョニーウォーカー12年ブラックラベルのオリジンシリーズ「ジョニーウォーカー12年 スペイサイドオリジン」を構成するキーモルトについての解説記事です。

この記事はブレンデッドウイスキーのキーモルトを知ることで好みのウイスキーをより深く知ると共に、次に飲んでみるシングルモルト選びにも役立つ企画です。

ジョニーウォーカー12年 スペイサイドオリジンの特徴とキーモルト

ジョニーウォーカーの構成原酒の中からスペイサイドのシングルモルトのみをブレンドしているのがこのスペイサイドオリジンです。

  • カーデュ(スペイサイド)
  • グレンデュラン(スペイサイド)

上記2つのモルト原酒だけをブレンドしたブレンデッドモルトですね。

キーモルト1:カーデュの特徴

ライトタイプでやや甘みを帯びた上品な香味と、スムースでメローな味わい。フィニッシュはやや辛口でスパイシー。華やかな甘さはスペイサイドのシングルモルト・ウイスキーらしい特徴です。

ハイボールや水割りにおすすめです。

キーモルト2:グレンデュランの特徴

シングルモルトの流通量は少なくオフィシャルではなくボトラーズで見かけます。花と動物シリーズでグレンデュラン12年はリリースされています。

香りは洋梨、芝草、若干のピート香。味わいはモルテ

ィで蜂蜜の甘味が感じられます。また芝草のような爽快な印象も受ける爽やかで飲みやすい。

ストレートやハイボールでよく飲まれる銘柄ですね。

ジョニーウォーカー12年 スペイサイドオリジンのおすすめポイント

ジョニーウォーカー ブラックラベル スペイサイドオリジン

青りんごのフルーティな甘さ、蜂蜜、ビターでスパイシー、そしてモルトの甘味を感じます。

甘口だけど甘すぎず、思ったよりもビターな余韻が飽きのこない味わいとなり楽しめます。ハイボールでも青リンゴのフルーティさはしっかりと感じられ凄く飲みやすく美味しいです。

ジョニーウォーカー12年 スペイサイドオリジン からのおすすめ銘柄

ジョニーウォーカー12年 スペイサイドオリジンの次はどういった銘柄が良いかをブレンデッドモルトとシングルモルトに分けていくつか紹介します。

ブレンデッドモルト

まずはスペイサイドのブレンデッドモルトとして飲み比べて欲しいのは同じくスペイサイドの3つの蒸留所のモルト原酒をブレンドした「モンキーショルダー」です。

グレンデュランはグレンフィディックに近いこともあり、味わいにも近しいものを感じるかもしれません。

そして同じジョニーウォーカーのブレンデッドモルトである「ジョニーウォーカー15年グリーンラベル」ですね。

グリーンラベルの方はキーモルトはカリラ、タリスカー、リンクウッド、クラガンモアと地域が異なるモルト原酒で構成されています。

さらにスカリーワグだとマッカラン、 モートラック、グレンロセスとシェリー感が強めの構成なので、こちらも飲み比べると面白いと思います。

シングルモルト

スペイサイドのシングルモルトでオフィシャルで流通しているものから幾つか紹介すると

まずは構成原酒の1つである「カーデュ12年」ですね。こちらは流通量も多く入手しやすいボトルかなと思います。

次に紹介するのは「グレンフィディック 12年」で青りんご感の強いグレンフィディックならではの風味は、スペイサイドオリジンが好みの方に合うと思います。

そして「クラガンモア12年」です。こちらもディアジオ社保有の蒸留所でとにかく蜂蜜とモルトの甘味が素晴らしい銘柄です。

他にもザ・グレンリベット他様々な人気のシングルモルトがあるので、スペイサイドのモルトで調べてみてください。

ジョニー ウォーカー ブラックラベル 12年 スペイサイド オリジン 箱付 700ml

ウィットリーニール
chivasregal-18

榎商店の各店舗はこちら

酒好きの血が騒ぐ えのき商店amazon店

 

\在庫切れの場合はTwitterや各ショップのメルマガをご登録下さい/

ウイスキー 商品一覧はこちら