第5回角ハイボールOTS選手権(グレンファークラス、グレンドロナック、アベラワー)

以前から記事にしようと思っていた角ハイボールのOTS(ワンティースプーン)レビュー。角ハイボールにちょい足しで最も合うボトルを探そうという企画です。

第5回はグレンファークラス12年、グレンドロナック12年、アベラワー12年ダブルカスク マチュアードを選びました。

宅飲みを今以上に刺激的に楽しむ為の検証であり、お遊びだと思って読んで頂けると幸いです。

OTS選手権のルール

OTSやり方

角瓶は30ml、氷と炭酸水は適当な量となります。

そしてフロートさせるウイスキーの量OTS(ワンティースプーン)でスプーンで1杯にしてもよかったのですが、たまジガー購入前に使ってたダイソーの軽量カップに「小さじ」という目盛りがあったので、その目盛りの「1」までにしました。

検証とは言え宅飲みのお遊びなので、ある程度は適当です。

角ハイボール+アベラワー12年ダブルカスク マチュアード

第5回角ハイボールOTS選手権(アベラワー)

最初は「アベラワー12年ダブルカスク マチュアード」からいきます。アベラワーだけバーボン樽とシェリー樽のダブルカスクなんですが、手持ちがこれが一番近しいという事での選出です。

香りはアベラワーの甘い香り、シェリー感は感じますね。おそらく普通にハイボールにするよりもフロートにしたほうがアベラワーの良いところを感じることが出来る印象。

アベラワー12年ダブルカスク マチュアードは「ウイスキーフロート」で飲むのが正解なのかもと思いました。

角ハイボール+グレンファークラス12年

第5回角ハイボールOTS選手権(グレンファークラス)

次にOTSするのは「グレンファークラス12年」。

シェリー感をしっかりと感じ、甘みを感じてからの苦味、ビターな余韻と角ハイの味わいが凄く合いますね。やはり混ぜずにフロート状態というのが凄く合うんだと思います。

ビターチョコっぽさもありつつ、ドライフルーツ感も微かに感じることができていいですね。

角ハイボール+グレンドロナック12年

第5回角ハイボールOTS選手権(グレンドロナック)

最後は「グレンドロナック12年」です。

こちらも甘い香り、シェリー樽感は香りで感じられますね。飲んだ時の甘みからのビター感、そしてピリッとスパイシーな感じがハイボールに合います。

角ハイにフロートさせてることで、グレンドロナック12年だけで作ったハイボールよりもゴムっぽさは感じにくくなっている気がしました。もちろん普通に美味しく頂ける味わいですね。

どれが好みだったか

今回は凄く悩んだのですが、グレンファークラス12年が一番合うように感じました。ただ全てそうですけどシェリー樽熟成の銘柄はハイボールにした時に少々ゴムっぽさを私は感じます。

ただフロートとなると、若干そこが軽減されていい感じで口当たりは甘く、最後はビターな味がいいですね。これは今後ウイスキーフロートも研究してみたくなりました。

取り敢えず手持ちのボトルでの検証ですが、今後も続けていこうと思います。

グレンファークラス 12年 1000ml(1L) シングルモルト ウイスキー 43度

グレンドロナック12年 700ml シングルモルト ウイスキー 43度

アベラワー 12年 ダブルカスクマチュアード 700ml シングルモルト ウイスキー 40度

ウィットリーニール
chivasregal-18

榎商店の各店舗はこちら

酒好きの血が騒ぐ えのき商店amazon店

 

\在庫切れの場合はTwitterや各ショップのメルマガをご登録下さい/