オクトモア 12.1スコティッシュバーレイ

オクトモア最新の「12シリーズ」の一つ「オクトモア12.1 スコティッシュ バーレイ」の特徴を紹介していきます。

ブルックラディ蒸留所について

『ブルイックラディ』蒸留所は、1881年にスコットランドの西海岸、ヘブリディアン諸島のアイラ島の海岸沿いにハーベイー家により設立されました。

ブルックラディ蒸留所がフェノール値の限界に挑んだ商品がオクトモアです。

オクトモア 12.1 スコティッシュ バーレイとは

最新の「12シリーズ」では、繊細にバランスの取れた、柔らかなスモーキーさを探索。

ただピーティーであるだけでなく、複雑かつ豊かなフレーバーを感じられるよう仕上げています。

この「オクトモア12.1」は、12シリーズの他アイテムにとっても重要なベンチマークとなる。

スコットランド本島で収穫された大麦は、ゆっくりと蒸留され、滴るようにポットスチルから流れ落ちた。

熟成の年月を経て構築されたバニラ、柑橘類、ファッジなどのアロマは、この力強い大麦が雄弁に語りかける「ウイスキーの英知」である。

オクトモア 12.1 スコティッシュ バーレイの特長

オクトモア 12.1スコティッシュバーレイ

公式テイスティングノート

香り:最初は爽やかなシトラス系の香りと大地を思わせるピートスモーク。そしてバニラスポンジケーキと大麦糖、コクのあるモルトの甘い香りが現れる。ココナッツとチョコレート、バニラ、キャラメルが続き、さらに焦げたトフィーの香りが広がり、ピートスモークと蜂蜜が交互に際立ってくる。

味わい:胡椒と甘さ、温めたゴールデンシロップのテクスチャー。蜂蜜とピートスモーク、焼いたオークチップ、ピートの効いたアプリコットジャムが広がる。もうひと口含むと麦芽糖と麦わら、ヘザーの花、ナッツ入りヌガーの甘味、海岸の砂のようなミネラル感が口中に留まり、ドライでフェノリックかつ土っぽいスモークとほのかなシトラス、洋ナシのキャンディを運んでくる。

容量700ml、アルコール度数 59.9度

グレンモーレンジ 18年
ロイヤルサルート-21年 青

榎商店の各店舗はこちら

 

\在庫切れの場合はTwitterや各ショップのメルマガをご登録下さい/

ウイスキー 商品一覧はこちら