ブルックラディの種類と味やおすすめの飲み方をご紹介

クラシックなブルックラディスタイルのザ・クラシックラディはアイラでは珍しいノンピートタイプ。ここではブルックラディ ザ・クラシック ラディの種類やその味、オススメの飲み方からウンチクまでご紹介します。

ブルックラディの歴史と蒸留所

1881年ブルックラディ蒸溜所が創業・ブルックラディとはゲール語で「海辺の丘の斜面」という意味です。

1994年にはJBB社がインバーゴードン社から買収するもその後に閉鎖となる。元ボウモア蒸留所のジム・マッキューワン氏とボトラーズのマーレイマクダビット社が中心となりJBB社から買収、そして2001年に再オープンしました。

ブルックラディ蒸留所の最大の特徴はノンピートのザ・クラシックラディ、ヘビリーピーテッドのポートシャーロット、ウルトラヘビーのオクトモアの3種のウイスキーを仕込んでいるという事です。

ブルックラディ蒸留所にはボトリング設備もあり、大麦の調達からボトリングまで全てアイラ島で行うことが出来るんじゃ。
えのき先生
えのき先生

ブルックラディの種類と味の特徴

ブルックラディ ザ・クラシック ラディは2つのタイプがあり、スコットランド産のモルト使用とアイラ産のモルト使用でボトルが違うんじゃよ。
えのき先生
えのき先生

ブルックラディ ザ・クラシック ラディ

ブルックラディ ザ・クラシック・ラディ

スコットランド産の大麦を100%使用し、創業当時のオリジナルの機械装置で、職人たちがゆっくりと丁寧に蒸留。フローラルでエレガントというブルックラディのクラシックなスタイルを表現している。

香りはフローラル、甘い大麦とかすかにミント、少量の水を加えると、キャラメリゼしたフルーツ、蜂蜜、レモンドロップ。味わいはさわやかで洗練されてる。オークと大麦の甘み、ブラウンシュガー、青りんご、梨。

容量700ml・アルコール度数50度

ブルックラディその他の銘柄

ブルックラディのその他の銘柄としては「THE LADDIE EIGHT」「ISLAY BARLEY 2011」「BERE BARLEY 2010」「THE ORGANIC 2010」「BLACK ART 07.1」「BLACK ART 08.1」「1988 / 30」「HB 90 / 27」がある。

これらの入荷情報は榎商店公式Twitterをフォローするか、各ショップのメルマガに登録して情報をお待ち下さい。

ブルックラディのおすすめの飲み方

ブルックラディ ザ・クラシック ラディのおすすめの飲み方は、華やかな香りをより楽しむためにトワイスアップがおすすめです。
まずはストレートで少し飲んで、少しずつ加水して香り味わいの変化を楽しみましょう。

ブルックラディ ザ・クラシック ラディはハイボールにしても美味しいが、甘みが若干閉じてしまうのは勿体ないのぉ。
えのき先生
えのき先生

ブルックラディの選び方

ブルックラディの選び方としては流通量を考えると「ブルックラディ ザ・クラシック ラディ」をまず飲んでみて、ノンピート好きな方はその他のブルックラディ銘柄を。よりスモーキーさを求めるなら同蒸留所で造られるポートシャーロットがおすすめ。

さらに強烈なピート感を求めるならオクトモアを飲んでみて下さい。

ブルックラディは華やかなアイラモルトとして人気が高まっているんじゃ。ザ・クラシック ラディはこのほど200mlボトルも発売開始されておる。
えのき先生
えのき先生

200ml ミニボトルはこちら

ブルックラディ ミニボトル

えのき商店STAFFより

ブルックラディ蒸留所の銘柄は全てボトルも凄くかっこいいんですよね。
ジャケ買いされるウイスキーとしても、そしてブルックラディのノンピートでフローラルな味わいと、ポートシャーロットのガツンとくるヘビー感、さらにはウルトラヘビーのオクトモアとそれぞれの個性が際立っています。

ただアイラ初心者におすすめというわけではなく、アイラ中・上級者にポートシャーロットやオクトモアがおすすめで、さらにアイラモルトファンがノンピートを購入したい時にクラシックラディがおすすめという感じです。

最後にYoutubeで当店スタッフがブルックラディの紹介をしているので御覧ください。

榎商店の各店舗はこちら

酒好きの血が騒ぐ えのき商店amazon店

\在庫切れの場合はTwitterや各ショップのメルマガをご登録下さい/

ウイスキー 商品一覧はこちら