ベンリアックの種類と味やおすすめの飲み方をご紹介

スペイサイドらしい華やかさ・フルーティさもありながらピーテッドモルトも使用しているベンリアック。今回はベンリアックのウイスキーの種類と味や特徴、そしてどんなウイスキーなのかをご紹介。

ベンリアックのウイスキーと蒸留所

1898年にジョン・ダフによって創業されたが2年で閉鎖、その後60年以上生産は行われていなかったのですが、グレンリベット社と合併し操業を再開、78年にはシーグラム傘下、そして2004年にビリー・ウィーカー氏が買収。そして現在はアメリカのブラウンフォーマン社が所有しています。

細身のストレートヘッド型のポッドスチルにノンピーテッド麦芽が9割、ピーテッド麦芽を1割で原酒を造っています。

スペイサイドでは珍しいピーティ感があるのは、この1割のピーテッドモルトの効果なんじゃ
えのき先生
えのき先生

ベンリアックの種類と味の特徴

ベンリアックで日本によく流通していて見かけやすいオフィシャルボトルを紹介します。
えのき先生
えのき先生

ベンリアック 10年

ベンリアック 10年

バーボン樽とシェリー樽で熟成させた原酒をブレンドしてつくられた、ノンピートタイプのシングルモルト。

容量700ml・アルコール度数46度

ベンリアック キュオリアシタス 10年

ベンリアック キュオリアシタス-10年

自家製麦したヘビーピートモルト(フェノール値55ppm)を使用。パワフルなピート香とフレッシュフルーツのようなフルーティな甘みが絶妙なバランスのヘビーピートタイプのシングルモルト。

容量700ml・アルコール度数46度

ベンリアック 12年 シェリーウッド

ベンリアック 12年

シェリー樽熟成原酒、オロロソ樽フィニッシュ原酒、ペドロヒメネス樽フィニッシュ原酒を見事に調和し、シェリー樽由来の芳醇な甘みとスペイサイドの特徴であるフルーティーな味わいが共存する逸品。何層にも重なるフルーツやオーク由来のスパイスが特徴。

容量700ml・アルコール度数46度

ベンリアックのおすすめの飲み方

ストレート カクテル

ベンリアックのおすすめの飲み方はストレート、そしてハイボールがおすすめです。

特に10年キュオリアシタスはヘビリーピーテッドでスモーキーなのでソーダとの相性も抜群。12年は特徴の異なるシェリーの奥深い味わいを楽しむにはストレートがおすすめです。

10年は使い勝手がよくスタンダードボトルとして優秀なんじゃ
えのき先生
えのき先生

ベンリアックの選び方

最初はベンリアック10年をまず飲んでみましょう。とは言え様々なウイスキーをよく飲まれる方は、スモーキー派ならベンリアック キュオリアシタス 10年、シェリー派ならベンリアック 12年 シェリーウッドから始めると良いです。

またノンピートのこれぞスペイサイドが楽しめるベンリアック10年は多くの方に気に入られるボトルだと思います。

えのき商店 STAFFより

これぞスペイサイドという特徴も感じさせながらスモーキーであったり、さらにシェリー感を持たしたりと幅広い層が楽しめるラインナップのベンリアック。

ベンリアック キュオリアシタス 10年はフェノール値が55ppmとあのアードベッグと同じ数値なんですよね。もちろんピートの種類が違うのでピーティさの感じ方は違いますが、それでも飲みごたえ抜群なのでアイラ好きの方にも一度飲んでみていただきたいボトルです。

榎商店の各店舗はこちら

酒好きの血が騒ぐ えのき商店amazon店

\在庫切れの場合はTwitterや各ショップのメルマガをご登録下さい/

ウイスキー 商品一覧はこちら