ピーツビーストとベンリアック10年 比較レビュー

ピーツビーストは蒸留所が明かされていません。アイラともハイランドのピーティなモルトとも噂されています。

私はピーツビーストを飲んだ際に感じたベンリアックに似てね?という感覚があったのでピーツビーストとベンリアック10年キュリオシタスを飲み比べしてみました。

ピーツビーストとベンリアック10年キュリオシタスのストレート比較

ピーツビーストとベンリアック10年 ストレート比較

香りをまず比べてみると雰囲気といいますか香りの核的なものは非常に似ている気がしますが、キュリオシタスは10年熟成という事で非常にマイルドなんですよね。

ピーツビーストの爆発力のあるスモーキーさです、ただ香りの中にある甘い香りや若干の酸味は似ているように思いました。

飲んでみると、乾いた灰のような印象のピーツビーストに比べキュリオシタスはフルーツシロップやハニーメイプルといった甘味、スパイシーさが顕著に出てて、熟成によってここまで変わるのか?と思いました。

もしかして似ていると思ったのは気のせいなんでしょうか?でも飲んでみた後にしばらく経って考えてみるとやっぱり似ている気がするんですよね。これが先程書いた雰囲気が似ているという事なんです。

ピーツビースト原酒は謎のまま?

「それで結局はどうなのよ?」という事ですが、私はベンリアックの若いヘビリーピート原酒を使っているのではないかと感じてます。勿論鵜呑みにされても困っちゃうんですが、ストレートで飲んだ時や香りの印象が似てる気がするんですよね。

ただもう一つ気になるのが「カリラ」の存在。
以前カリラ12年をハイボールで飲んだ時に感じた印象と非常に似ている気がするんですよね。乾いたスモーキーさというかドライに感じる部分。キュリオシタスはそこから結構甘味を感じるので。

まぁ私程度の経験値の人間が当てられてれば、既に解明されてるはずなんですよね。ほぼ確定的なレビューも見当たらないというのもピーツビーストの魅力かなと思いますし、カリラを買って飲み比べてみたくなる沼に引きずり込まれます。

ちょっと大事に飲んで、カリラ買って飲み比べてみます。

ピーツ ビースト 700ml シングルモルト ウイスキー 46度

ベンリアック 10年 キュオリアシタス 700ml シングルモルト ウイスキー 40度

ウィットリーニール
chivasregal-18

榎商店の各店舗はこちら

酒好きの血が騒ぐ えのき商店amazon店

 

\在庫切れの場合はTwitterや各ショップのメルマガをご登録下さい/