ダルモア ルセオの特徴を解説

ダルモア蒸留所がリリースしている旅行小売店向けボトル「ダルモア ルセオ」。日本でも並行輸入品を見かけますね。

今回はこのダルモア ルセオはどんなウイスキーかご紹介いたします。

ダルモアについて

1839年設立ハイランドの大麦の大生産地アルネスにあります。1263年の国王アレクサンダー3世が雄鹿に襲われそうになった際にマッケンジー家が王を救い、王から雄鹿の紋章の使用を許されます。

そこからダルモアのボトルには雄鹿のエンブレムが使用されています。

ダルモアのフラッグシップボトルである「ダルモア 12年」は辛口白ワインを思わせるような苦味やマスカットの香り。そして甘いオレンジ、ぶどう、らくがんのような甘さや酸味のあるコーヒーのようなフレーバーが特徴。

ダルモア ルセオの特徴

ダルモア ルセオ

ダルモア ルセオは、アメリカンホワイトオークの元バーボン樽と希少なアポストルシェリー樽で熟成された特徴的なウイスキー。

テイスティングノート

香り:コニャックを浸したマデイラケーキ、ピリッとしたフルーツ、トレクルタルト、砕いたアーモンド、プラリネチョコレート。
味わい:パーキンケーキ、ピスタチオ、プラム、フランジパン、コロンビアコーヒー、サンギネッロブラッドオレンジ。
余韻:メープルシロップ、デメララシュガー、スイートマスカテル、ジンジャーブレッド。

おすすめの飲み方

おすすめの飲み方はストレートがおすすめ。
珍しいアポストルシェリー樽での熟成ということもありますし、モルトの甘味と香ばしさ、そしてシェリー樽からのコーヒーやメープルシロップの味わいが素晴らしいですね。

榎商店STAFFより

ダルモア ルセオもAmazonや楽天では稀に見かけることがありますが、ダルモア自体が人気の銘柄で購入は難しいボトルですね。

補足で香りはチェリーベイクウェル、甘いコーヒー、生姜のタッチ。味わいはコーヒーそしてチェリーやレーズン、蜂蜜。余韻はジンジャーとココア。

榎商店でもダルモアの様々なボトルについて何か情報が入りましたらTwitterでお知らせいたしますので、よろしければ榎商店Twitterアカウントのフォローをよろしくお願いします。

 

キルホーマン・マキヤーベイ
グレンフィディック18年

初心者向けストレートならこれがオススメ!シングルモルト4選

中級者向けストレートで飲むおすすめシングルモルト6選

【2/9更新】本日のおすすめ商品はこちら

榎商店の各店舗はこちら

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています