クラガンモアの種類と味やおすすめの飲み方をご紹介

オールドパーのキーモルトの1つとしても知られる『クラガンモア』。ここではクラガンモアの種類やその味、オススメの飲み方からウンチクまでご紹介します。

クラガンモアの歴史と蒸留所

クラガンモア蒸留所はスペイ川の中流に1869年創業。
創業者であるジョン・スミスはクラガンモア創立以前にマッカラン、グレンリベット、グレンファークラスといった名高い蒸留所のマネージャーを歴任している。

クラガンモア蒸留所は再留釜が煙突のようなT字シェイプ型。このスチルはジョン・スミスのデザインだと言われています。

クラガンモアの品質の良さはブレンデッドへの提供実績を見ればわかる。あのジョニーウォーカーやオールドパーの重要な原酒なんじゃよ。
えのき先生
えのき先生

クラガンモアの種類と味の特徴

クラガンモアはスペイサイドモルトの特長がよく出ている、エレガントで厳粛な味わいのシングルモルトなんじゃ。
えのき先生
えのき先生

クラガンモア 12年

クラガンモア 12年

その極めて複雑な香りと味わいは、上部の平らなポットスチルを採用したことで生まれたものです。花や果物の香りと、甘くウッディなスモーキーさが際立ち、洗練さと複雑さを兼ね備えています。

香りはライトなスモーキーさと、かすかな甘みを伴う、モルト香があふれる長いフィニッシュ。味わいは力強いモルトの味わいと甘いバニラと蜂蜜のフレーバー。

容量700ml・アルコール度数40度

クラガンモア 12年 700ml シングルモルト ウイスキー 40度

クラガンモア 25年

クラガンモア 25年

複雑で幾重にも重なるフレーバーが広がる豊かな味わいにほのかにスモーキーなフィニッシュが続きます。

香りは緑の木、リンゴ、ジューシーなメロン、砕いたナッツ、ミント、ダークキャラメルの香り。味わいはバニラ、若い緑色の木のノート、ドライマンゴー、ジューシーなモルト、クリーミーな味わい。フィニッシュはスパイシーなオーク、濃いキャラメル。

容量700ml・アルコール度数51.4度

クラガンモア 25年 700ml シングルモルト ウイスキー 51.4度

クラガンモアのおすすめの飲み方

クラガンモアは12年ならロックがおすすめですが、ハイボールでも美味しく楽しめます。クラガンモア25年になると長期熟成なのでストレートもしくはトワイスアップ、そしてロックで楽しむのがおすすめです。

クラガンモア12年のハイボールは非常に美味しい。あまりソーダ割りをする印象はないかもしれんが、やってみるんじゃよ
えのき先生
えのき先生

クラガンモアの選び方

クラガンモアの選び方としては、やはり最初はクラガンモア12年がおすすめ。例えばオールドパー好きが次に飲んで見るスコッチとしてもシングルモルト初心者にもおすすめです。

上級者の方でストレートやロックで飲むのが好きな方は25年をおすすめします。

クラガンモアも長期熟成になると流通量も少なく非常に高額になる。それだけの価値があるスコッチじゃが、余裕のある方には凄くおすすめじゃ。
えのき先生
えのき先生

えのき商店 STAFFの意見

クラガンモアは華やかな香りとリッチなボディが特徴でバニラや蜂蜜そして花の香が感じられます。なめらかな喉越しと長く続く余韻が素晴らしい。

またクラガンモア12年はクラッシックモルトシリーズの1本としても紹介されています。スペイサイドの代表的なモルトとしても知られているのです。ジョニーウォーカーグリーンラベルの構成原酒の1つとしても有名ですね。

品切れになりやすい銘柄ですので、再入荷通知や各ショップメルマガ、Twitter(@enokishouten)のフォローして頂けますと入荷情報等もアップしています。

榎商店の各店舗はこちら

酒好きの血が騒ぐ えのき商店amazon店

\在庫切れの場合はTwitterや各ショップのメルマガをご登録下さい/

ウイスキー 商品一覧はこちら