ダルモアの種類と味

ボトルに雄鹿のエンブレムが目を引くハイランドモルトといえば『ダルモア』コクのある深い風味で有名です。ここではダルモアの種類やその味、オススメの飲み方からウンチクまでご紹介します。

ダルモアの歴史と蒸留所

ダルモア蒸留所はハイランドの大麦の大生産地アルネスにあり、クロマティ湾を望む自然あふれる美しい場所です。設立は1839年、その後1867年にマッケンジー家が入手しました。

このマッケンジー家が雄鹿のエンブレムと非常に関わりがあり、1263年の国王アレクサンダー3世が雄鹿に襲われそうになった際にマッケンジー家が王を救ったそうです。以降マッケンジー家は王から雄鹿の紋章の使用を許されたようです。
現在はマッケンジー家が運経営しているわけではなく、ホワイト&マッカイ社が経営していますが、雄鹿のエンブレムは残っています。

蒸留器はランタンネック型とボール型を計8基が稼働しています。

ダルモアはジャケ買いというか、贈答用としてボトル買いする方も多いんじゃよ。それだけ雄鹿のエンブレムは並んでいても目を引くという事じゃな。
えのき先生
えのき先生

ダルモアの種類と味の特徴

ダルモアはハイランドモルトの中でもリッチでコクがあり、かすかなスモーキーさ。甘いオレンジ風味がほのかに漂う食後酒として人気なんじゃ。
えのき先生
えのき先生

ダルモア12年

ダルモア 12年

ダルモアのスタンダード。辛口白ワインを思わせるような苦味やマスカットの香り。そして甘いオレンジ、ぶどう、らくがんのような甘さや酸味のあるコーヒーのようなフレーバー。

オレンジマーマレードのようなアロマと、ドライでスパイシーなフレーバーが特徴。少量の加水で華やかさが引き立つ北ハイランドのモルトです。

容量700ml・アルコール度数43度

 

ダルモア15年

ダルモア15年

熟成にはシェリー樽のみを使い。リッチな味わいの中にオレンジ・レモンの柑橘系のフレーバーとシェリーの香り。少量の加水で華やかさが引き立つ北ハイランドのモルトです。

容量700ml・アルコール度数40度

ダルモア 18年

ダルモア 18年

バーボン樽で14年熟成された後、オロロソシェリー樽に移され4年間熟成されます。コーヒーとチョコレートの香ばしいアロマの後にシナモンとナツメグの長い余韻が続きます。

容量700ml・アルコール度数43度

ダルモア シガーモルト リザーブ

ダルモアシガーモルト

アルコール度数を若干高めに設定し、シガーと合わせてもコクとフルーツ香を感じる。赤ワイン樽特有の酸味とベリーやチェリーのようなフレーバー

アメリカンホワイトオークのバーボン樽とマツサレム・オロロソシェリー樽で熟成し、その後、最高級のカベルネソーヴィニヨン・赤ワイン樽で後熟して仕上げた1本です。

容量700ml・アルコール度数44度

ダルモアのおすすめの飲み方

ダルモアは食後にシガー(葉巻)と一緒に飲むような感覚。食後酒としてトワイスアップやロックがおすすめ。ストレートではなく何故ロックかトワイスアップにする理由は加水することで、爽快さや甘味が引き立ちます。

ダルモアに関しては少しの加水で飲む飲み方がベストじゃな。食後におすすめのウイスキーなのでちょっと上級者向けの印象はあるのぉ。
えのき先生
えのき先生

ダルモアの選び方

ダルモアの選び方としては、最初はスタンダードのダルモア12年。そこからシェリーカスクファンなら15年、より複雑な味わいを楽しみたいならバーボン樽熟成後、オロロソシェリー樽後熟させたダルモア18年、葉巻を嗜むような方にはダルモア シガーモルト リザーブがベストです。

ダルモアはちょっと飲む人を選ぶ印象じゃ。例えばダルモア12年を飲んでみて、同じハイランド産のマッカラン12年やオールドプルトニー12年、グレンドロナックあたりを試してみるといいのぉ。
えのき先生
えのき先生

えのき商店STAFFより

ダルモアはシガー愛好家に喜ばれるリッチな味わいにシングルモルトで、モルトはコクがありスパイシー。食後にロックやトワイスアップで葉巻をくゆらせながらゆっくりと味わう大人の男に合うウイスキー。

なんだかダンディズムですよね。

だからといってシガー愛好家でなくともダルモア愛好家は非常に多いので、安心して飲んでみて下さい。

品切れになりやすい銘柄ですので、再入荷通知や各ショップメルマガ、Twitter(@enokishouten)のフォローして頂けますと入荷情報等もアップしています。

最後にダルモア「12年・15年」の違いを当店スタップが解説した動画をYoutubeにアップしているので是非御覧ください。

ウイスキー商品一覧